しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

鬱までにはならないでも、予備軍は多いと思います。こうした鬱予備軍から少しでも、脱却出来る様にサポート出来れば、私としても嬉しく思います。欝の話だけでなく、ほっこりした写真やブログを目指しています。新たに、介護の勉強を始めました。将来は介護福祉士の資格取得を目指しています。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kenken20110501

Author:kenken20110501
FC2ブログへようこそ!
欝の話もありますが、日ごろの出来事や旅行記、写真など日頃の生活の中でほっこり出来るような内容のブログを目指しています。広く浅くの私ですが、みなさんに元気を与えられたり、人生のヒントとして頂ければありがたき幸せでございます。

カウンター
過去の写真
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flashリバーシ
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
45位
アクセスランキングを見る>>
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記  Tags: ---

本文: 4  Trackback: 0

橋下知事の発言
いいのかなあ
クラブの顧問の体罰による生徒の自殺に対する橋下知事の考え方はどうなのかなあと思う。「人生の1年くらいいいじゃないか」という考えは大学入試ならまだ理解出来ない事もない。

しかし、高校の3年間、桜の宮高校の体育科を希望していた生徒にとっては甚だ迷惑だろう。高校での浪人はそう多くはない。仮に1年浪人したとすれば、大学と違い年上の同級生という目で見られ、居心地は良くない。また、浪人中でも、体力づくりを欠かせずやっていかなれば、実際学校に入っても遅れをとってしまうだろう。

受験する生徒には責任はない。鶴の一声で安易に決定されるのには疑問が残る。入試を控えた生徒は、急きょ受験校の変更をしなければならない。

今回の件での処分や対策を考えるのには、1年かけてじっくり決めるべきだろう。問題の顧問以外に優れた指導力を持つ人もいる。それらを全部判断材料に含めず、スパッと切ってしまうのは、余りにも安易すぎる。

○か×かのいずれの選択しかない考え方をされている橋下知事に疑問が残る。
関連記事

Comments

殺人でしょ?
そこまでココロが追い詰めれていた事に
気づけないのを大人とは教師とは言えません。

10代ですよ・・
自分の置かれている状況を把握し
対応、対処、克服するの術を
導く事が出来ないのら教育者になど
ならなければいい。


いじめだってそうでしょ。
ひとの命を奪ったら
それは殺人です。
って言う大人がいませ~ん。
大人が自分を律せないで
どうするの・・です。

確かに受験生には責任はありません。
でも、ひとりの命の重さが
迷惑とは考えられません。
悲しみ、怒り、慟哭・・
残された家族は
どこへぶつけられるのでしょうか?

悔いても謝罪しても、命は戻らないですね。。
命をたった子は
もう何も言えない・・
何も伝えられない・・
そこに気づけないとね。
また、同じようなことは起こる。
そこに他教師が気づいて
全力で守る。
そうあってほしいです。
初コメ、しかも長文を失礼します。
“そこまでココロが追い詰められていた事に気づける大人”が、亡くなった生徒の周りにいなかったことが残念でなりません。教師のみならず、親までもそのことに気付けなかったわけですから…。

本来教育とは、学校教育と家庭教育が上手くかみ合って前に進むものです。今回のケースにおいては、そのかみ合わせに何かしらのひずみが生じたのでしょうね。

なお、年間3万人を越える日本での自殺者は、4つ以上の自殺要因を抱えているとのデータもあります。そのような状況下、“体罰”だけをピックアップする橋下市長には疑問を感じるとともに、恣意的な目的さえ感じさせます。

決して体罰を容認しているわけではありませんが、kenkenさんがおっしゃるように、尊い命を亡くしたことを安易に考えすぎなのではないかと思います。学校だけを悪者にすれば良いのか?否。私たちが自分の問題に置き換えて、本来の“教育”の意味を考える時期が来たのだと思います。

最後に、亡くなった生徒のご冥福をお祈りします。
reiさんへ
ありがとうございます。

自殺以外の解決策がなかったのかなと、とても悔やまれますね。私だったら、クラブを辞めるでしょう。でも、やりたかったクラブの為に、この学校を選んで入ったのなら何の為に受験したのかと言う思いが残るでしょうね。顧問の先生は、その子が辞めても執拗に呼び出しを受け、卒業まで体罰を受けたでしょう。

私達の時代は、体罰は当たり前でしたね。私も何回かビンタを食らいましたね。今でも、ほっぺたの痛さは残っています。親や私自身が、自分が悪いから叩かれたと納得したものです。

しかし、今回の件は、連帯責任を負わされ辛かったと思います。

今の子供達に、こうした体罰やイジメに対してどう対処すればよいかという事を学ばせるべきだと思います。

しかし、橋下市長の考え方には疑問が残りますね。いつもの常套句で、選挙選挙と言われています。政治が教育にどの程度介入出来るかという指針もいるでしょうね。

問題のある学校の教師を異動させるだけでは、何も解決しないでしょう。教育にたけていない方からの方針は、更に問題が広がりそうで心配です。
トモナヲさんへ
ありがとうございます。

自ら命を絶った生徒さんは、私達が想像する以上に苦しんでいたのでしょうね。イジメで亡くなった生徒と同様でしょう。

トモナヲさんが言われる通り、殺人と同じ扱いでも良いと思います。しかし、現実には顧問の氏名等一般には公表されていません。直接手を下したか下さないかの違いでしょう。

根本的な事が解決しない限り、今後も同じ事が繰り返されるでしょう。

しかし、一方では学級崩壊と呼ばれるクラスも生まれ、自殺や退職に追い詰められる教師がいる事も事実です。教育の根本的な見直しの時期が来ていると思います。

教師を擁護するつもりはありませんが、国として考えていかなければならないと思います。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。