FC2ブログ

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

鬱までにはならないでも、予備軍は多いと思います。こうした鬱予備軍から少しでも、脱却出来る様にサポート出来れば、私としても嬉しく思います。欝の話だけでなく、ほっこりした写真やブログを目指しています。新たに、介護の勉強を始めました。将来は介護福祉士の資格取得を目指しています。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kenken20110501

Author:kenken20110501
FC2ブログへようこそ!
欝の話もありますが、日ごろの出来事や旅行記、写真など日頃の生活の中でほっこり出来るような内容のブログを目指しています。広く浅くの私ですが、みなさんに元気を与えられたり、人生のヒントとして頂ければありがたき幸せでございます。

カウンター
過去の写真
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flashリバーシ
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
62位
アクセスランキングを見る>>
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記  Tags: ---

本文: 10  Trackback: 0

初めてのお別れ
うつの合い言葉ー焦らない!後戻りしない!諦めない!

初めてのお別れ
利用者さんが亡くなられた。介護職に就いて、自分がお世話をしていた方との初めてのお別れだ。

少し前から、いつ亡くなってもおかしくない方だったので、気持ちの準備をしていたのだが、いざ現実になると、やはり精神的に辛い。今後は突然亡くなるかも知れないし、自分の介護中に目の前で亡くなってしまうかも知れない。

その亡くなった方の最期の食事介護をしていた。昼間は全部召し上がっていたが、夜はほとんど飲み込む事が出来ず、口に入れてもすぐに口からあふれて来る。同じ様な日が何度かあったので、今日は体調がすぐれないのだと思っていた。

しかし、残念ながら夜間に徐々に心拍数が少なくなり、すーっと眠る様に息を引き取った。

お通夜、葬式と終え、荼毘にふされた。自分の父親の死とがダブり辛かった。しかし、いつまでも落ち込んではいられない。翌日からは、何事も無かった様に時間が過ぎていく。他の利用者さんの介護が待っている。。。

亡くなった利用者さんのご冥福をお祈りする。合掌。。。

関連記事

Comments

お辛い気持ち
お疲れ様です。
大変でしたね!
今はどんなアドバイスや
ご忠告なども
意味をなしません。
一歩また一歩しかないと
思います。

あまり思い詰めず、
無理は禁物です。
御冥福をお祈りします。
介護の仕事ですと、どうしても別れはつきものですよね。
生意気ですが。
でも見守る、見送るのも僕たちの仕事なのかもと思うときがあります。やはり見送りはつらいですが、大切な仕事の一部なのかなと思います。
なんとも、こればかりはね・・・
どうしようもないですね・・・。

明日は自分かも知れないし・・・

気持ちを切り替えることが難しいとは思いますが、

また別の方も待っているでしょうから、明日からは、

空元気でいいので、仕事に没頭しないといけませんね
その後、いかがですか
お疲れ様です。
とらさんです(^_^)

その後、
いかがお過ごしですか?
落ち着かれたら、
ブログを更新してくださいね☆
忘れないこと。。
思い出を残して旅立ちます。
忘れないこと。。
それが大切。

一緒に桜を見に行きたかったおばあちゃんがいてね。
叶わなかったけれど
毎年、桜を見にゆきます。
心の中のおばあちゃんと
一緒に見にゆきます。

別れがあるから
共に過ごす時間を大切に。。
そう思いながら。。

命には限りがあると
教えて旅立ちます。
今という時を大切に過ごしなさい。
バトンを、私たちは渡されているのかもしれません。
とらさんへ
ありがとうございます。

少しずつですが、気持ちも落ち着いて来てきました。

仕事の責任の重さを改めて痛感しました。
miyasakatakuyaさんへ
ありがとうございます。

葬儀もそうですが、見送る時の責任の重さを感じました。

家族の方に感謝していただいたのが、唯一の救いです。
Edu-Oneさんへ
ありがとうございます。

責任の重さを痛感しながら、今後の介護に活かそうと思います。
とらさんへ
ありがとうございます。

再度ブログ復活出来そうです。
reiさんへ
ありがとうございます。

バトン。。。。。そうかも知れませんね。

命の大切さを改めて感じました。

明日、突然命が尽きる利用者さんもいるかも知れないと思うと、
一日一日がとても大切に感じます。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。