FC2ブログ

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

鬱までにはならないでも、予備軍は多いと思います。こうした鬱予備軍から少しでも、脱却出来る様にサポート出来れば、私としても嬉しく思います。欝の話だけでなく、ほっこりした写真やブログを目指しています。新たに、介護の勉強を始めました。将来は介護福祉士の資格取得を目指しています。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kenken20110501

Author:kenken20110501
FC2ブログへようこそ!
欝の話もありますが、日ごろの出来事や旅行記、写真など日頃の生活の中でほっこり出来るような内容のブログを目指しています。広く浅くの私ですが、みなさんに元気を与えられたり、人生のヒントとして頂ければありがたき幸せでございます。

カウンター
過去の写真
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flashリバーシ
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
62位
アクセスランキングを見る>>
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記  Tags: ---

本文: 2  Trackback: 0

悪戦苦闘
オフコース/秋の気配
オフコースの始まりは神奈川県横浜市の聖光学院高校に在学中だった小田和正 ? 鈴木康博 ? 地主道夫らが結成したフォーク・グループ。1970年に「群衆の中で」でレコードデビュー、当初は生ギターを中心としたフォークソング的な曲を歌っていたが、長年ヒット曲に恵まれなかった。

結成7年目の1976年にギターの松尾一彦、ベースの清水仁、ドラムスの大間ジローが加わり、キーボード、シンセサイザーを含めたバンドサウンドとなる。結成10年目の「さよなら」の大ヒットで多大なる人気を獲得、それ以降も数多くのヒット曲を生み出し、時代を代表するビッグ・グループになった。しかし、音楽番組全盛の時代にあって、テレビ出演で人気を高めていった他のグループとは一線を画し、テレビ番組にはほとんど出演せず、レコード制作とコンサートに力を注ぐという独自の姿勢を頑なに貫いた。

再結成を望む声は今も根強いが現在、その可能性は薄いと見られている。「秋の気配 ? 恋人よそのままで」発売。このシングルより「オフコース」名義(オフとコースの間の中黒がなくなる)になる。

この曲の詞について小田は「“僕があなたから離れていく”って歌うと、まるでとてもやさしい人で、やむを得ず離れていくような…。“別々の生き方を見つけよう”とかって、よく映画の別れの場面であるじゃない? “いつの間にかすれ違った”、とか。でも、本当に好きだったら、別れないもんね。別れるのは“好き度”が低下したからなんだし、もっといい相手が出てきて“こっちのほうがいいなあ”と思ったからかもしれないんで。そういう傲慢な気持ちを横浜の風景の中に隠したのが、あの曲だったんだ。でも、書いたときは必死だったんだよ、言葉さがして。本当はそんなつもりなかったんだけど、あとで考えたらひどい男だな」と、『たしかなこと』[4]でのインタビューで答えている。


うつの合い言葉ー焦らない!後戻りしない!諦めない!

悪戦苦闘
日々の介護の中で、少しずつ楽しさも出て来たが、ここ最近はちょっとしんどい。毎朝「あー、辞めたい」と思いながら起きる。寝ても疲れがとれないのが大きな理由だ。それでも、私が休むと人手不足で他の職員さんに迷惑がかかってしまうから、少々のしんどさでも行かなければならない。

また、利用者さんも私が来るのを待ってくれている方もいる。「僕は、明日は休みやで」と伝えると「残念やなー。また、待ってるわ」と言ってくれて、それが私の元気になっている。

以前、逆に他の方が休まれフロアが私一人になる時間があり、そういう時に限って普段何でもない方の調子が悪くなったりして、余計に負担がかかった事あったので、微力な私でもいないよりはましだ。

最近は、不況の影響で介護職員の離職率が下がって来たというのに、職員の数が少ない。だから、なかなか利用者さんとじっくり向かい合える時間が少ない。日中業務をこなすので精一杯だ。まあ、慣れるまでは仕方ない事だろう。不安と期待の入り混じった感覚だ。

7/2-11

恵まれた友人関係
「俺がウツをなおしてやる」と言ってくれる友人がいたり、仕事の愚痴をずっーと聞いてくれる友人がいる。リアルな友人もいれば、ブロともさんもいてくれる。私の周りには、いい友人が集まっていてくれる。とても、感謝。頭があがらない。

薬を服用しながら、こうした友人達の応援で落ち込む気持ちを引き上げてくれている。部署移動の時にも、「せっかく慣れたのに・・・」と思っていたが、友人達は「いろんな介護の現場を知ることが出来ていいやん」と励ましてくれる。

「今は、しんどいかも知れんけど、絶対お前は成功するから」と漠然な励ましに、素直に「じゃあ、もうちょっと頑張ってみようか」と思い、気持ちが楽になる。

ブロともさんからもたくさんの励ましを頂く。お会いした事がないのに、自分の事の様に本気で心配頂いている。また、異業種の方からのコメは違う見方をされて、自分が気が付かなかった考えで大変有り難い。

ありがとう。^^明日もがんばるか!
7/6-3

7/6-4
関連記事

Comments

良い人達に囲まれてますね。
私もこの人に会って良かったなーって
思うことが結構あります(^.^)
hikaru2034さんへ
ありがとうございます。

人の縁は本当に不思議ですね。

何のきっかけで良い関係に出会うかわからないですね。
一瞬の時間差で出会ったり、出会わなかったり・・・

本当に不思議です。^^

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。