FC2ブログ

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

鬱までにはならないでも、予備軍は多いと思います。こうした鬱予備軍から少しでも、脱却出来る様にサポート出来れば、私としても嬉しく思います。欝の話だけでなく、ほっこりした写真やブログを目指しています。新たに、介護の勉強を始めました。将来は介護福祉士の資格取得を目指しています。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kenken20110501

Author:kenken20110501
FC2ブログへようこそ!
欝の話もありますが、日ごろの出来事や旅行記、写真など日頃の生活の中でほっこり出来るような内容のブログを目指しています。広く浅くの私ですが、みなさんに元気を与えられたり、人生のヒントとして頂ければありがたき幸せでございます。

カウンター
過去の写真
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flashリバーシ
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
62位
アクセスランキングを見る>>
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記  Tags: ---

本文: 4  Trackback: 0

オリンピック
アリス/遠くで汽笛を聞きながら
1970年のアメリカコンサートツアーで、大阪のフォークグループ、「ロック・キャンディーズ」のリーダーだった桃山学院大学出身の谷村と、東京のソウルバンド、「ブラウン・ライス」のゲストドラマーだった矢沢が知り合い意気投合した。二人は帰国したらプロとして一緒にグループを組もうと約束する。

帰国後谷村は、同じ神戸の音楽サークル、ポート・ジュビリーで知り合いだった、アマチュアロックバンド、「フーリッシュ・ブラザーズ・フット」のボーカルで京都産業大学出身の堀内をグループに勧誘した。
1971年12月25日に谷村と堀内で西心斎橋二丁目にあるビジネスホテル・大阪帝国ホテルの一室にて、矢沢が合流することを前提に「アリス」を結成。翌1972年3月5日、シングル「走っておいで恋人よ」でデビュー。同年5月5日開催の奈良市民会館での公演から、矢沢が正式に合流し、晴れて現在のアリスになった。

プロデビュー当時はヒット曲に恵まれず、メンバー三人とマネージャーの合計四人で運搬できる楽器として、矢沢は本来ドラマーなのに手荷物として持ち運びが可能なコンガを持って、谷村、堀内のフォークギター二本とともにツアーやライブに明け暮れる毎日だった。

しかし、「特急の停まる市の市民会館にはほとんど行った(谷村)」と語るほどの地道なツアー活動をすることで潜在的ファンを増やしていった。1974年には年間303ステージという無茶苦茶な記録が残っている。その中には知名度向上だけを目的にしたノーギャラ・交通費事務所側負担の赤字ツアーもあったという。

ツアーの成果と、谷村のMBSヤングタウンやセイ!ヤングのDJ、そして関西カレッジフォーク界で有名だった立命館大学と同志社大学のOB三人組ウッディ・ウーの「今はもうだれも」のカバーヒットを契機に、オリジナル曲である「帰らざる日々」「冬の稲妻」「涙の誓い」「ジョニーの子守唄」「チャンピオン」「秋止符」「狂った果実」等のヒット曲を連発した。


うつの合い言葉ー焦らない!後戻りしない!諦めない!

6/21-4

オリンピック
日本勢も頑張っている様だが、一番驚いたのが、柔道の逆転判定だ。大抵のスポーツは、審判の判断が絶対的なものであり、誰が見ても誤審と思われる判定でもなかなか覆る事はめったいにない。しかし、韓国との柔道で三審判とも韓国勝利の判定だったが、物言いがつき逆転して日本の勝利となった。二人だけ逆転審判ならまだ理解できるのだが、三人とも日本側に判定がかわった。一体審判はどこを見ていたのだろうと疑心暗鬼になる。まあ、日本が逆転勝利となったので構わないのだが、審判のあり方も今後考えるべきだろう。

その点、日本のプロ野球は、誤審が貫かれる場合が多い。相撲などの様に、ビデオ判定も取り入れていくべきだろう。

もう一つ、4組とも失格になったバトミントンも驚きだ。無気力プレーをしたという事が理由だ。なでしこジャパンもドローに持ち込む様にした戦略。「勝つため」というスポーツ本来の意味から、「かけ引きあり」で金メダルを得ようと言う事には疑問を感じる。

改めて「スポーツマンシップ」の意味を考えて欲しい。

626-3

大津市いじめ問題
昨年10月に滋賀県大津市の市立中学2年生がいじめを受けて自殺した事件では、7月26日からようやく大津署が生徒約300人への聞き取り調査を開始した。いじめたとされる3人の少年は暴行、傷害、恐喝など6つの容疑で、早ければ8月中にも逮捕・補導される見込みだ。

グループのリーダー格だったとされるのは少年A。父親は京都市内で会社を経営し、母親は昨年度までPTA会長を務めていた。「A君の母親は『自殺した子の家庭に問題があって、うちの子はその悩みを聞いてあげていただけ』『とっくみあいでストレスを発散させてあげていた』『亡くなっている子の親やから気遣ってあげていたのに…』と周囲に話していました」(近所の住民)

母親は教育熱心なタイプで、自殺事件後の4月には、騒動が子供の勉強の邪魔になると、京都市内の中学校へ転校させている。その転校先でAは意外にも「いい人」で通っていた。同級生の男子が明かす。

「Aは水泳やっててガタイがいい。身長は170cmくらいある。しかも、口調が優しくて、めっちゃ頭がいいから、転校当初は女子にも人気やった。成績がオール5の女子でも『A君、これであってる?』と数学の問題を聞きに行ってたほど」(同級生)

しかし、7月ごろからいじめ事件の当事者であることが広まると、クラス内には微妙な雰囲気が流れた。「女子はそういうのに敏感やからな。もう完全無視。いまは男子も腫れ物に触る感じになっとる。改めて思い返してみると、うちらには優しい口調でしゃべるのに、転校前の学校の友達に電話するときは、『なんやねん? はぁ? ああ!』みたいな怖い口調やった。裏の顔があったんや」(前出・同級生)

最近は明るい話題が書けず申し訳ないが、いじめの加害者への処罰がやっと決まり始めている。前にも書いたが、今はネットでの情報収集が簡単に出来る。よくも悪くも、ネット上に情報が垂れ流し状態で氾濫している。

いじめた子供を含め、その家族に対する個人情報は無法状態だ。賛否両論はあると思うが、中学生でありながら、住所・写真を簡単に知ることが可能だ。しかし、このことが今後のいじめの抑止力になってくれないかと願っている。未成年者でも、個人情報がすぐに周知され、社会的な制裁を受けることになるということが。

過去のひどいいじめで自殺した事件や、殺害した事件についても、少年院を出た後でも近況がわかる。数年たてば、結局何見事もなかった様に社会に馴染んで生活している事が多い。

「加害者を被害者にするな」という意見も聞かれるが、それは甘い考えだと思う。加害者が「少年法」という法律に守られて、結局「死に損」になってしまっては余りにも被害者がかわいそうだ。「死」を選ぶことしか出来なかった被害者の気持ちをもっと考えるべきだろう。当然、学校、教師、教育委員会の責任も追及していき、二度と同じことが起きない様に対策を講じるべきだろう。

いじめられている子へ。「何があっても死ぬな。逃げてもいい。」

6/25-3
関連記事

Comments

オリンピックの柔道はほんとびっくりしました。
判定が覆るとは。
先生!おはよーございます!
この唄を聞くと・・何だか・・泣けてきます・・
hikaru2034 さんへ
ありがとうございます。

今回のオリンピックは悲喜こもごもでついつい夜更かし、寝不足になりますね。^^;
武道亜輝さんへ
ありがとうございます。

アリスの曲は、いい曲がたくさんありますね。今でも、カラオケで歌っています。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。