しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

鬱までにはならないでも、予備軍は多いと思います。こうした鬱予備軍から少しでも、脱却出来る様にサポート出来れば、私としても嬉しく思います。欝の話だけでなく、ほっこりした写真やブログを目指しています。新たに、介護の勉強を始めました。将来は介護福祉士の資格取得を目指しています。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kenken20110501

Author:kenken20110501
FC2ブログへようこそ!
欝の話もありますが、日ごろの出来事や旅行記、写真など日頃の生活の中でほっこり出来るような内容のブログを目指しています。広く浅くの私ですが、みなさんに元気を与えられたり、人生のヒントとして頂ければありがたき幸せでございます。

カウンター
過去の写真
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flashリバーシ
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
45位
アクセスランキングを見る>>
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 人生  Tags: ---

本文: 6  Trackback: 0

のら達ニャー!
ふれあい / 中村雅俊
中村 雅俊(なかむら まさとし、1951年2月1日 - )は日本の歌手、俳優である。マリンパル女川名誉館長も務める。宮城県牡鹿郡女川町出身。女川町立女川第一中学校、宮城県石巻高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業。身長182cm。所属はMJエンタープライズで代表取締役社長も務める。家族は妻・五十嵐淳子とのあいだに1男3女がおり、その長男は元俳優の中村俊太。

ふれあいは、1974年7月1日にリリースされた中村雅俊のデビュー・シングル。同10月25日には同名のアルバムもリリースされた。ドラマ『われら青春!』の挿入歌として、1974年6月30日放送の第13話で初めてお茶の間に流れ、翌7月1日に発売された後、7月29日付のオリコンチャートで初めてトップ10(8位)入りし、翌週ランクダウン(9位)するも、次の週には3位まで跳ね上がり、さらにその翌週には初の1位となり、10月21日付のチャートまで10週連続で1位を守り抜いた。その後も、1974年11月25日付のチャートまで約1ヶ月間トップ10に居続け、同年の年間売上第4位にランクインした。


033101

033102

介護職
居宅介護では、利用者さん同士の喧嘩がある。それぞれ全く性格の人が集まっているので仕方ないだろう。特に認知症の同じ様な動作を見るのが嫌で文句を言ったり、大声を出したりする方にも文句を言う方がいる。認知症の進んでいない方にとっては耐えられないのだろう。

他にも、他人との関係が嫌で、一日中部屋にこもったままと言う人もいる。他人との関わりを持たないと認知症が進んでいかないか気になる。運動機能も低下していくだろう。歩けるのに安全の為、車椅子を使い出すと一気に足の筋肉が減少し歩けなくなっていく。日々機能が低下していく利用者さんを見るのがつらい。

また、食事、入浴など全介助の方への介護をしていくと何となく切なくなってくる。反応がほとんどないままで、食事したり、オムツ交換をしたり。寿命がくるまで一生この状態だ。明日かも知れないし、何十年後かもしれない。家族の方も辛いだろう。これが自宅介護だと介護疲れになるだろう。

認知症の利用者さんの家族の方が訪問されているが、日々感情が変わる利用者さんと話をするのも大変そうだ。時々家族さんから「疲れた」という言葉を聞く。利用者さんを取り巻く周りの方のケアも必要だ。当然だが、私達介護職員も認知症で言う事を聞かない利用者さんの介護でストレスを溜め込まないように上手く発散出来る様にしなければならないだろう。

がれきいやどす
東日本大震災で発生したがれきの広域処理問題で、細野環境相が31日、JR京都駅前(京都市)で山田啓二京都府知事らと受け入れへの理解を訴えた。細野環境相は「自分のことだけでなく、宮城や岩手のことを考えて下さい」と呼び掛けたが、受け入れに反対する市民ら約400人に取り囲まれ、予定していたチラシ配布を中止した。
環境省の「みんなの力でがれき処理プロジェクト」の街頭イベント。市民らは「広域処理反対」「ガレキいやどす」などと書いたプラカードを掲げ、「帰れ」「子どもを守れ」などと声を上げた。

九州でも、がれき受け入れ反対運動している様だが、とても悲しい。「自分の所だけ安全であればいい」と言う考えで、プラカードを持って反対している事が、京都のイメージダウンになっている事がわかっていないのだろうか。がれきの問題は、日本全国で協力していかなければ復興がますます遅くなってしまう。何とかならないのだろうか。

老人ホームで孤独死
茨城県つくば市の老人ホーム「サンシャイン・ヴィラつくば倶楽夢(くらぶ)」で、入居者の女性が死後約1週間たってから発見されていたことが31日、分かった。ホームを運営する医療法人「みなみつくば会」(今川民子理事長)によると、亡くなったのは平成21年11月に入居し、専用居室(2LDK)で一人暮らしをしていた87歳の女性。24日午後7時頃、女性の親族から「電話に出ない」とホームに問い合わせがあり、職員が合い鍵で入室し、浴室で倒れている女性を発見した。病死とみられる。

女性は15日に胸の痛みなどを訴え、職員に付き添われて市内の病院で受診。室内には17日から新聞がたまっていることから16日ごろ、体調に異変があったとみられる。室内にはナースコールのボタンが複数あったが、使われていなかった。女性は要介護者でなく、食事も自炊していた。

県によると、女性は「専門の主治医がおり、声かけなどの日々の安否確認は必要ない。必要のない限り部屋には訪問しないで欲しい」と施設に伝えていた。職員との接点は、主治医や買い物への送迎など、月に数回程度だったという。ホームでは「何らかの対策がとれなかったか、深く反省している」と話した。

要介護者でなければ、毎日の安否確認が出来なかったのは、止むを得なかったかもしれない。本人の意向もあったので尚更仕方がなかったかもしれない。しかし、今後は、施設に入居した場合は、毎日必ず安否確認をするという規約を設けていく方がいいだろう。

033103

032804
関連記事

Comments

記事は…
まだかいなぁ~

エイプリルフールには1日、はやかったでぇ~
>孤独死
入居の時点で「毎日の安否確認はさせてもらいます」と約束してれば
違った結果になったかも知れませんね。
しかしいくら自分が要介護者ではないとはいえ
「安否確認いらない、訪問もしないでいい」というのも寂しい気がします。
>必要のない限り部屋には訪問しないで欲しい
と言われてたそうですが、15日に病院受診している訳で状態確認は必要だったと思われますね。
また利用者さんの要望が必ずしも適した援助とは限らず、何が必要な支援かを導き出すのを(難しいですが)介護職員は考えないといけませんね。
自立されていた方かもしれませんが、「介護付き有料老人ホーム」(HP見ると良さそうな施設です)なら安否確認位は行うべきでは?
親族の方はどう思われてるんでしょうね。
Edu-One さんへ
ありがとうございます。

いい嘘だといいのですが、ネット上ではとんでもない嘘がありますね。

困ったものです。
ごちきちさんへ
ありがとうございます。

いつまでたっても、いい友人との関係は必要ですね。
hajimeさんへ
ありがとうございます。

今後もこうした事件が起こるかも知れませんね。

法整備が急がれますね。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。