しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

鬱までにはならないでも、予備軍は多いと思います。こうした鬱予備軍から少しでも、脱却出来る様にサポート出来れば、私としても嬉しく思います。欝の話だけでなく、ほっこりした写真やブログを目指しています。新たに、介護の勉強を始めました。将来は介護福祉士の資格取得を目指しています。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kenken20110501

Author:kenken20110501
FC2ブログへようこそ!
欝の話もありますが、日ごろの出来事や旅行記、写真など日頃の生活の中でほっこり出来るような内容のブログを目指しています。広く浅くの私ですが、みなさんに元気を与えられたり、人生のヒントとして頂ければありがたき幸せでございます。

カウンター
過去の写真
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flashリバーシ
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
45位
アクセスランキングを見る>>
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 人生  Tags: ---

本文: 4  Trackback: 3

被災地の瓦礫
佐野元春/約束の橋


032801

032802

介護職6日目
毎日の疲れがとれない。しかし、仕事として本当にやりがいがある。利用者さんもその日の機嫌の違いがあるが、概ねみんな優しい。介護技術の下手さを理解して頂いている。だいたい一通りの介護をさせて頂いた。やはり、見学するより実際に介護していって体で覚える方が飲み込みやすい。

他の施設では、新人さんの受け入れ体制はどんなものだろうか。どこも一気に覚えていくものだろうか。

デイサービスと違って、来る人来る人入浴介護の数をこなすという忙しさはないのでまだ気持ちに余裕があるのが嬉しい。人員や浴室の数が増えれば、もっと余裕のある介護が出来るだろう。しかし、最初の介護のしんどさで続けて行かない問題がある。給与に見合った仕事量ではない。コンビにのバイトのほうが給与は良い。「無償の愛」ではないが、本当にボランティア精神がないとやっていけない。

瓦礫処理
東日本大震災で発生した震災がれきの広域処理について、高松市の大西秀人市長は28日の定例会見で、市の処理施設の現状や放射性物質への市民の不安などを総合的に考え、受け入れは困難との認識を示した。

市には西部(川部町)と南部(塩江町)のクリーンセンターがあるが、大西市長は余力がある西部については「施設が旧式で老朽化している上、放射性セシウムを除去するフィルターが装着されていない」などと説明。また、南部も構造上の問題で小さなごみしか処理できず、対象のごみはかなり限定されるとした。加えて、最終処分場は綾川町陶にあり、「市単独では判断できない」と語った。

これらを踏まえ、大西市長は「放射性物質への市民の不安も強く、被災地復興にはできるだけ協力したいが、現時点での震災がれきの受け入れは困難と言わざるを得ない」と述べた。

全国的に震災の瓦礫処理の目途がなかなかつかない。とても残念である。被災地できちんと放射能の検査をすれば、日本全体でもっと受け入れ体制を整えて欲しい。震災後一年が経つのに未だに瓦礫の山が残っている。放射能の問題は、福島県の立ち入り禁止区域だけ慎重にすればいいことではないだろうか。

ニュースでも、だんだんと震災について伝えられる事が少なくなっている。私は、もっと今現在の被災地の様子を伝えてもらいたいものだ。

欝のいろいろ
何となくやる気がなかったり、しんどいなーと思う事が多くなった時、普段なら一日二日と過ぎるうちに気持ちが戻って来るのだが、そのしんどさが長く続く時には、注意が必要だ。もちろん、気持ちの沈みこみだけではない。頭痛、腹痛、めまい、動機、便秘など「これって、欝かな?」と思うような様々な症状が出てくる。ちょっと、いつもの自分と違うかなと思えば、取り敢えず早めに病院に行く事をお勧めする。発見が遅ければ遅いほど、その快復にも時間がかかる。

あと、気を付けておきたいのが、周りの人の理解である。よく「欝はわがまま病」とか「心が弱いから欝になる」「欝になる人は精神が狂っている」などまだまだ社会のなかでは理解されにくい。当の本人も「欝になる自分は他の人と違う」と自ら欝を受け入れたくない人もいる。

しかし、欝になる人は誰でもなるし、決して変わった人ではない。「人生の中でちょっと休憩をしよう」というぐらいの心づもりが必要だ。私も欝だったが、ほぼ回復し、再び仕事に就けている。私のブロともさんも同じ様に回復し社会復帰をされている方が何人もおられる。自分の周りに欝の理解者がいなくても、こうしたネットの中での欝仲間が沢山いる。その方達に元気をもらった。

欝は必ずよくなる。焦らずそれぞれのペースで治していけばいい。しんどい時は無理しない。これが一番。

---しんどい時はしんどいんじゃーー!!無理すんなよな---
032803

032804
関連記事

佐野元春/約束の橋介護職6日目毎日の疲れがとれない。しかし、仕事として本当にやりがいがある。利用者さんもその日の機嫌の違いがあるが、概ねみんな優しい。介護技術の下手さを
佐野元春/約束の橋介護職6日目毎日の疲れがとれない。しかし、仕事として本当にやりがいがある。利用者さんもその日の機嫌の違いがあるが、概ねみんな優しい。介護技術の下手さを
佐野元春/約束の橋介護職6日目毎日の疲れがとれない。しかし、仕事として本当にやりがいがある。利用者さんもその日の機嫌の違いがあるが、概ねみんな優しい。介護技術の下手さを

Comments

こんばんは
お仕事大変そうですね。
でもやりがいがあるっていうのは一番だと思います。
それはとっても羨ましいです。
これからも体調管理は気を付けて、いい感じで働いてくださいね。
応援してます!!
かぴさんへ
いつもありがとうございます。

慣れるまではやはり大変です。

厳しい指導を受けると欝モードに入りそうになりますが、何とかギリギリで踏みとどまっている感じです。
何処でもです。
お疲れ様です。
介護の現場は多分何処も同じです。
私も3ヶ所目ですので。今が一番まともですが。
初めての職場では初日から10人の寝たきりの方の
オムツ交換やりましたよw
訪問でも初日からターミナルケアだったしw

慣れてくると心身ともについていけるようになりますが
初めはとにかく無理なさらないように。
ご自分の心身を壊しては本当に意味がないので。

「ボランティア精神」では続きません。
自身の為に手に職だと思われたほうがいいですよ。
確かに給与は低いですが、これから先仕事に困りませんから。

そして自身のために働くと自然と相手のためになっていきます。

やりがいはありますよ。
mさんへ
ありがとうございます。

初日からオムツ交換とは凄いですね。

施設の方針にもよるのでしょうね。
私のところでは、利用者さんとの人間関係が出来ていないうちは、してはいけないとの事です。

やっと一人の方の就寝までの介助をさせて頂きました。緊張しまくりでした。^^;

凄い時間がかかりましたが、まだまだです。利用者さんに申し訳なかったです。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。