しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

鬱までにはならないでも、予備軍は多いと思います。こうした鬱予備軍から少しでも、脱却出来る様にサポート出来れば、私としても嬉しく思います。欝の話だけでなく、ほっこりした写真やブログを目指しています。新たに、介護の勉強を始めました。将来は介護福祉士の資格取得を目指しています。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kenken20110501

Author:kenken20110501
FC2ブログへようこそ!
欝の話もありますが、日ごろの出来事や旅行記、写真など日頃の生活の中でほっこり出来るような内容のブログを目指しています。広く浅くの私ですが、みなさんに元気を与えられたり、人生のヒントとして頂ければありがたき幸せでございます。

カウンター
過去の写真
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flashリバーシ
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
45位
アクセスランキングを見る>>
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記  Tags: ---

本文: 15  Trackback: 0

怒られたじゃなく、指導してくれていると!
制服/松田聖子
説明はいらないだろう。「赤いスイートピー」のB面の曲。卒業シーズンに合わせてこの曲も有名になった。


032401

032402

指導に感謝!
昨日はいっぱい怒られたと思っていたのだが、今日の一言で指導して頂いているという感謝に変わった。

リーダーの方に、「前向きで向上心のある人には、真剣に指導するし、自分の技術をどんどん盗んで欲しい」と言われた。もしかして、リーダーとしての指導の殺し文句かも知れないが、単純な私はその気にされてしまった。^^;

三日目でほぼ一日の流れと雑務、利用者さんの食事介護、トイレ、オムツ交換、ベット移乗等の違いを一気に指導された。確かに学ぶステップは一気に駆け上がった。「全部覚えろとは言われないが、その日注意した事は家でしっかり整理して来てね」とやんわり家での勉強を促された。とにかく人手不足なので、一日も早く独り立ちをして欲しい様だ。初日には「今月中は見てもらって」と言う言葉はどこかへ飛んで行った。一ヶ月後が巣立ちの日と決まった。

「素早く丁寧に」を意識してと言われる。確かにそうだが、実際にやってみると如何に難しいかが良くわかる。丁寧にすれば時間がかかり利用者さんはしんどかったり、待たされたりする。しかし、素早くするには今はどうしても雑になってしまう。やはり、利用者さんは良く見ているので、誰々さんは早いけど雑で嫌等を私に言われる。常に利用者さんの気持ちに沿える様に介護して行きたい!

体はしんどかったが、パワー全快!皆さんの励ましで更に今日の疲れは飛んでいった!ありがとうね。^^

老人性うつ病
利用者さんの中に、私と同じ欝の薬を服用されている方がいた。職員に聞いても、「あの人は欝だから」という言葉だけでその方の行動が片付けられている。実際に欝になった人でなければやはり理解出来ないのだなあと思った。毎日毎日「しんどいしんどい」とおっしゃっている。一日中ベッドで寝ている状態だ。昔の自分を思い出す様で辛い思いだ。しんどいのは幾ら寝ていてもしんどい。大変だと痛切に感じるが、良くなるのは投薬治療の継続か、認知療法等の併用で治療していくしかないかと思うが、施設内での認知療法は難しいだろう。となると、投薬治療だろうが、まだ服用期間が短いので効果が出るまではもう少し時間がかかるだろう。食欲も余りなく、便秘ぎみで頭痛が続く、、、、。昔の自分の症状と同じだ。少しでも、その方の気持ちが楽になる様な言葉かけが出来ないものだろうかと悩んでいる。まだ、その方との信頼関係が築けていないので、私の言葉は受け止めてもらえないだろう。早く信頼関係を築きたい。

高齢者虐待続く
北海道函館市内の認知症高齢者グループホームで、職員による入所者への虐待行為があり、同市は施設に対し改善勧告を通知していたことが22日、わかった。施設では、40歳代の女性職員2人が、入所者の男女5人に対し、
頭を平手打ちしたり土下座をさせたりするなどの行為を半年以上繰り返していた。通知は昨年10月で、職員2人は同11月に解雇されている。

市によると、施設は60~90歳代の高齢者18人が入居。内部告発があり、施設側が調査して、「土下座をさせた」「後頭部を平手打ちした」「『死ね』と言った」――などの虐待行為があったことを確認した。虐待をした職員2人は市の調査に「言うことを聞いてくれないので、いらいらして手をあげてしまった」などと話したという。市によると、職員2人はベテランで、他の職員が虐待を目撃しても注意できなかったという。

こういう職員がいると思うだけで腹が立ってしまう。人手不足という理由で、人間的に問題のある人でも採用しなければならないという体制の改善が早急に必要だろう。「介護職員基礎研修」という資格を設立したのも、介護職員のレベルアップを目的としたものだ。今後はこうした事故が起こらない事を願いたい。

実際には、内部告発された内容の何倍もの事が利用者さんへの虐待が行われているだろう。直接手を出さなくても、トイレになかなか連れて行かなかったり、便で汚れたオムツのまま放っておく、裸のまま放置する等、はっきりとわかりにくい虐待が行われている事はあるだろう。特に、夜勤の場合のコールは無視するという事件も過去にはあった。本当にいい加減な介護職員はいらない!

ワタミ、お前もか
不適切介護、ワタミ子会社に2160万賠償命令

川崎市高津区の介護付き有料老人ホーム「レストヴィラ元住吉」で2006年、入所中の男性(当時87歳)が死亡したのは不適切な介護が原因だったとして遺族が運営会社「ワタミの介護」を相手取り、計約6700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、横浜地裁であった。江口とし子裁判長は、同社に計約2160万円の支払いを命じた。

男性は06年1月4日に入所し、同16日に横浜市の病院に救急搬送され、同21日に敗血症で死亡した。遺族側は、入所中に床ずれが悪化して敗血症が発症したと主張し、同社側はホームでの介護と男性の死亡に因果関係はないと主張していた。

判決は、ホームは、男性のかかりつけの医師から、床ずれに注意を要するとの情報を得ていたにもかかわらず、床ずれの部位を清潔に保つなど適切な管理が不十分だったと指摘。床ずれが悪化した際、医師に速やかに受診させず、男性が敗血症で死亡したと認定した。判決を受け、同社の親会社「ワタミ」(東京都大田区)広報グループは
「判決内容を精査し誠実に対応したい」とコメントした。

敗血症(はいけつしょう、Sepsis)は、細菌によって引き起こされた全身性炎症反応症候群(SIRS)である。細菌感染症の全身に波及したもので非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、DIC、多臓器不全などから早晩死に至るものである。床ずれから死亡に至るという事は、医療処置が適切でなかった事は明らかだ。たかが床ずれと安心出来ない。

私が介護職員になって感じる事は、介護職員に対してもっと医療知識を学んで行かなければならないと思う。それは、目に見える医療ももちろんだが、精神的な病についての知識も理解する必要があると思う。認知も人それぞれ、症状も人それぞれ、ひとくくりにする事は出来ない。様々な症状に対して介護職員が対応出来る様にしていく必要があるだろう。


---しんどい時はしんどいんじゃーー!!無理すんなよな---
032401

032405


関連記事

Comments

こんばんは
リーダーの人の指導力すごいですね。
人をやる気にさせる、そんな魔法の言葉や態度を示してらっしゃるんでしょうね。
そのように扱っていただけているkenkenさんも人間的に素晴らしいですよ。
これからもそのペースで!応援しています!
ありがとうございます。

指導力に完全にはまってしまいました。^^;

でも、将来私自身も独立したいのでとても勉強になりますね。^^
かぴさんへ
ありがとうございます。

最初は、厳しいリーダーと周りから聞いていたのでとても緊張しましたが、よくよく考えると本当に利用者さんのことを考え、私に早く技術を身に着けて欲しいと思っている事を感じました。

最初の印象とは全然違うので、私も本気で指導を受け止め、技術アップを目指さなければならないと思いました。

前向きな自分に驚いています。本当に欝?という感じです。^^
0324
怒られたじゃなく、指導してくれていると!ですか。
私も日々コンビニの店長から指導されてます。
頑張ってやっています。
物事・事象をどうとらえるかで全ては良くなりますよね。
ども^^

お久しぶりです。ぽんずです。
良い感じで頑張っておられますね!

投稿を読んでいてこちらも元気をもらいました。
kenkenさんのように、「出来事を自分にプラスに受け止めている」
これこそが、成功する源だと思います。

他人は変えることはできないできないですが、自分が変わっていくことで、間接的に相手に影響を与え、結果周りも同調して変わっていくってことは良くあります。

kenkenさんのそのプラスのエネルギーは、きっと現場の先輩、同僚や介護者さんを良い方向に導いていくと思います。

陰ながら応援させて頂きますね。

おそらく5月くらいまでは、エネルギー全開でいけると思います。
でも、いつかは仕事で悩まれることもあるかもしれません。

そういったときは、私を含めて、このブログのお友達が、きっと心の支えになると思います。

楽しんで、頑張ってくださいね^^
先生、おはようございます!!
うわーーー「制服」やぁ~~!^^!
この唄聴くの、ホント何十年ぶりだろう??
イントロを聞いただけで高校時代がまさに
ズババババ~ンと蘇ったよーー!!
先生ありがとーございまーーす!^^!
kenkenさん今日は(^^♪

4月から都会へ行ってしまうあたなに・・・打ち明けたい~
私歌ってました~
松田聖子世代です~(笑)

虐待って・・・・
「お茶、飲こしたらダメよ~」的な事も
人によっては言葉の虐待に取りますね~
水分補給は大事なことですが・・
この仕事は、臨機応変が出来るかできないかと
私は、思いますね~
wolf8810さんへ
ありがとうございます。

仕事の最初は、たくさん指導や注意を受けることは仕方ないですね。

早く覚えようと思います。
ぽんずさんへ
ありがとうございます。

考え方を変えることで、その後の自分自身の気持ちも楽になってきますね。

リーダーは早くなれて貰おうと思って、一気に指導されているのだろうということがわかり、
それに応えていかなければならないなと思いました。

また、みなさんにご相談させていただくと思います。よろしくお願いします。
武道亜輝さんへ
ありがとうございます。

B面の曲も有名なのが、聖子さんの楽曲がいかにいいかということがわかりますね。

スィート・メモリーズもそのひとつですね。

卒業シーズンには欠かせない曲ですね。
マリリンカさんへ
ありがとうございます。

聖子さんの曲はいいですね。個人が好き嫌いは別として。^^;

お茶は確かに水分補給には欠かせないですね。一日の水分補給量を満たすためには、飲んで頂かないと困りますね。でも、自分が飲みたくないのに飲まされるという事は、虐待ギリギリの所でしょうか。
命をあずかる現場はやはり厳しいのですね!

kenkenさんなら、しっかり受け止めてくださるという思いもあると思います。
最初は大変そうですが、kenkenさんなら大丈夫!
頑張ってくださいね(^^)
きみどりめがねさんへ
ありがとうございます。

利用者さん一人一人が違うので本当に大変です。

最初の壁にぶつかりました。^^;

大丈夫かどうか心配です。
お久しぶりです
ワタミの介護は酷いですよ
あの居酒屋風情のサービスマニュアルをそのまま介護に回したんでしょうね。
責任者の社長を是非裁判の席へ引っ立てることを望みます。
アイパッチさんへ
ありがとうございます。

利益重視の施設や大手の介護施設は、いろいろと問題のある所もあるようですね。

私達介護職員が、内部告発をしていかなければよくならないでしょうね。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。