しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

鬱までにはならないでも、予備軍は多いと思います。こうした鬱予備軍から少しでも、脱却出来る様にサポート出来れば、私としても嬉しく思います。欝の話だけでなく、ほっこりした写真やブログを目指しています。新たに、介護の勉強を始めました。将来は介護福祉士の資格取得を目指しています。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kenken20110501

Author:kenken20110501
FC2ブログへようこそ!
欝の話もありますが、日ごろの出来事や旅行記、写真など日頃の生活の中でほっこり出来るような内容のブログを目指しています。広く浅くの私ですが、みなさんに元気を与えられたり、人生のヒントとして頂ければありがたき幸せでございます。

カウンター
過去の写真
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flashリバーシ
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
75位
アクセスランキングを見る>>
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 人生  Tags: ---

本文: 4  Trackback: 0

上手く書けない
松田聖子/瑠璃色の地球PV


1229005

1229001

欝と事故の関係
一昨日の溺死の事故と欝の関係を考えてみた。(溺死の詳細は一昨日のブログをご覧頂きたい)

みなさんのコメントを読んだ時は、「いい方へ考えを変えよう」「自分の責任ではない」と思ったのだが、しばらくするとやはり心が痛む。「何故あの時に、、、」という思いがつのる。多分一生忘れられない出来事だろう。人の命ははかないものだ。

溺死という事で、大震災で亡くなった方たちの事とオーバーラップする所があった。正直、一人になった時には、辛い。多分、欝がもっと酷かった時なら、もっと自分を責めているだろう。自分を責める考え方は、欝の時と似ている。どうしても、マイナスに考えてしまう。そのマイナス思考をいかにプラス思考に変えていくか。別の見方が出来ないか。どうも上手く書けない。

さっき、一緒に行った友人から電話があり、「大丈夫か?」と聞いてきてくれた。その友人にも「その人と最期に楽しい話が出来たから、きっと良かったと思うよ」と言ってくれた。友人も同じ思いをしているだろう。同じ辛い気持ちになっているだろうが、心配してくれた。同じ場所にいたので、気持ちや話はわかってくれる。それだけでも有難い。

ブロともさんからも、同じ様なご経験をされた方からもコメントを頂いた。ありがとう。それ以外の方からもコメントを頂いた。ありがとう。頭ではわかっているのだが、気持ちの整理はまだつかない。でも、心強いコメントを頂き、私の気持ちを癒して頂いているのは間違いない。ありがとう。

韓国、ネット選挙解禁
ネットによる選挙運動 韓国で解禁=憲法裁が判断

憲法裁判所は29日、ソーシャルネットワークサービス(SNS)などインターネットによる選挙運動を禁じた公職選挙法の条項が憲法に違反するとの判断を下した。この日、同裁判所は短文投稿サイト「ツイッター」を通じた選挙運動を規制する公職選挙法93条1項に対して提起された憲法訴願について、6(違憲)対2(合憲)の裁判官意見で、違憲判断を下した。

憲法裁判所の判断によって、この日からツイッターやインターネットの交流サイト「フェイスブック」、ブログ、各種ホームページなどによる選挙運動を規制する同法条項が廃止された。

「IT大国」と言われれる韓国では、来年4月に総選挙、同12月に大統領選挙が実施される。国政の行方を決める重要選挙で、SNSなどが大きな役割を果たすとみられる。

日本より早く、ネット選挙運動が解禁となった。日本も必ず解禁となるだろう。しかし、ネットは顔が見えないので、デマや誹謗中傷が出回り、立候補者同士の誹謗合戦になる可能性は否定出来ないだろう。その為、日本でネット選挙運動については、議論を重ね細かい基準を作っておく必要があるだろう。

震災番組
今、フジテレビで震災の特集をしている。ここで、驚いたのだが、津波以外の死亡者が60人もいたという。土砂崩れやダム崩落によるもの、高所からの落下によるもの、橋の崩落によるものなどであった。この事は、今日の報道で初めて知った事実だ。

実際に死の直前までの映像や、間一髪で助かった人の映像等、見たことのない映像が多かった。しかし、こういった映像も事実として受け止めていかなければならないと感じた。今後の教訓にもなる。


---しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな---
1229004

1229003


_blank
関連記事

Comments

こんばんは。
最近ご訪問ができてなかったので、ブログ遡って経緯確認させていただきました。
お辛い状況を体験されてしまったのですね。
実際に同じような状況を経験したことがないので、私もお気持ちをなかなか理解できないかもしれないのですが、この出来事とご自身のこれからのことは、切り離して考えてた方が良いと思うのですが。。。
どうかあまりご自分を責めたりしないようにお願いします。。。
かぴさんへ
ありがとうございます。

自分の責任ではないと思いながらも、やはり、あの時に、、、と
思ってしまいます。

今は、ご冥福をお祈りする事ぐらいしか出来ません。
心中お察しいたします
こんばんは。最近、訪問ができなくて、今さかのぼって拝読させて頂きました。
お辛い体験をされましたね。。

心やさしいkenkenさんは心が痛むことと思います。

しかし思われたように、これから介護の仕事に就かれると、このようなことに遭遇する機会は今後も可能性が高いと思います。

お気持ちは大切ですが、ご自分を責めることから少しずつ開放されなければ、kenkenさんの心身が心配です。

ひとつの課題を、神が見せられたのかもしれませんね。

私も似たような心理状態から、すぐに切り替えするように今、訓練中です(^^;
少しずつ、お互いにクリアーしていきましょう。

今年はお世話になり本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
きみどりめがねさんへ
ありがとうございます。

将来的には、仕事の上で「死」について向き合わないといけない
事が起こると思っています。それを乗り越えなければ仕事に
ならないですね。

見ず知らずの方でもショックが大きいのに、介護している方とは
知り合いになり、情もあるでしょうから、ますます乗り越えなければ
ならないと思います。

まだまだ心が弱い所もあるので、自分を変えなければと思っています。

こちらこそお世話になりました。^^
来年もよろしくお願いします。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。