しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

鬱までにはならないでも、予備軍は多いと思います。こうした鬱予備軍から少しでも、脱却出来る様にサポート出来れば、私としても嬉しく思います。欝の話だけでなく、ほっこりした写真やブログを目指しています。新たに、介護の勉強を始めました。将来は介護福祉士の資格取得を目指しています。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kenken20110501

Author:kenken20110501
FC2ブログへようこそ!
欝の話もありますが、日ごろの出来事や旅行記、写真など日頃の生活の中でほっこり出来るような内容のブログを目指しています。広く浅くの私ですが、みなさんに元気を与えられたり、人生のヒントとして頂ければありがたき幸せでございます。

カウンター
過去の写真
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flashリバーシ
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
36位
アクセスランキングを見る>>
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記  Tags: ---

本文: 8  Trackback: 0

生命とは?
未来へ/Kiroro


投票所設定
新しく右側に投票所を設定してみました。よろしければ、清き一票をお願いします。一日二回まで投票出来ます。

応援ポッチもたくさん頂き、ありがとうございます。^^

013101

013102

障がいをもつ子供と親
<子供を晒し者にするなよ>
<親のエゴを美談にしてはいけない>
<自分から依頼って最初から選挙利用だったのかな?>

ネットには、ある番組に対する批判の声が次々に書き込まれた。その番組とは、1月20日に放送された『私は母になりたかった~野田聖子 愛するわが子との411日~』(フジテレビ系)。第3者からの卵子提供による妊娠、出産、誕生した子供の闘病――野田聖子衆議院議員(51)に1年2か月にわたって密着取材した2時間のドキュメンタリー番組だ。野田氏本人が知人を通じて、出産前からテレビ局に「ありのままの自分を取材してほしい」と依頼し、放送に至ったものだ。そして報じられた映像は、まさに壮絶そのものだった。

昨年1月6日に2154グラムで誕生した真輝くんは、生まれる前から大病を患っていたため、誕生と同時にヘルニアと胃の大手術を行った。その手術直後、NICU(新生児集中治療室)に運ばれた真輝くんは、鼻、口、お腹にいくつものチューブがつながれ、臍帯ヘルニアのため体の外に飛び出した肝臓を透明のビニールで覆っていた。

本来なら赤ちゃんの誕生をみんなで祝うはずが、とても手放しでは喜べないような状態だった。健康な赤ちゃんなら聞こえるはずの泣き声は一切なく、「ピッ、ピッ」という機械音だけが病室には鳴り響いていた。その後、一般病棟に移ったものの、再びNICUに。昨年10月には突然呼吸が止まり、心臓が一時停止して、生死の間をさまよう事態に陥ってしまったこともあった。このときはすぐに緊急手術の処置が施された。

術後、真輝くんの小さな体の左脇腹には、赤黒く変色した痛々しい大きな傷跡が残った。血の気を失い、声にならないほどの痛みなのだろうか、青白い顔の彼の目にはうっすらと涙が浮かんでいたという。野田氏は、そんな真輝くんの頭を優しく撫でることしかできなかった。翌11月には気管切開の手術をして、小さな首に、真輝くんの腕よりも太い呼吸器がつけられた。この呼吸器をつけている限り、真輝くんは声を出すことができず、小学校入学ごろまで外せないという。

生まれてから、わずか1年で計7回もの手術を強いられるほど、次々に病魔に襲われる真輝くんの苦闘。それをただ見守るしかないつらい涙とともに、番組では初めて真輝くんを抱くことができたときの喜びなど、野田氏の母としての幸せな思いも描き出されていた。しかし、そんな愛息との闘病の日々を描いた映像は、冒頭のように、思わぬ波紋を呼ぶこととなった。それでも野田氏は、「番組を通して、命とは、生きることとは何かを考えるきっかけにしていただければ」と取材協力を続けてきたという。

障がいを持っている方がいればお聞きしたいのだが、障がいを持って生まれてきた事をどう思っていらっしゃるのだろうか。出産後の障がい発見なら仕方ないと思うが、妊娠中にはっきり障がいとわかっていれば、堕胎する方が本人はもとより、家族も負担がなくて良いのではないだろうか。私だったら、一生寝たきり状態というのが生まれる前にわかっていれば、産んで欲しくないと思う。何の楽しみのない生活でベッドの上で一生過ごすのは、それこそ「生きがい」のない生き方になるのではないだろうか。難しい問題だと思うが、親としてもっと深く考える必要があるだろう。

うつと生きる
うつになった時には、「生きている意味」や「死ぬと楽になるかな」と思ったりした。しかし、うつが良くなって来るとこれからの将来に夢や希望が持てるようになった。友達と話すのが楽しかったり、次にやりたい事が見つかったりしていき、将来への楽しさが出て来る様になった。

死のうと思っている方、誰かが必ずあなたの死を悲しんでくれる。その人の為に生きよう。私はあなたが亡くなるのは悲しい。

あいりん地区
大阪市の橋下徹市長は、大阪府外から、西成区にある日雇い労働者の街「あいりん地区」周辺に転入してくる子育て世代を対象に、市民税や固定資産税を一定期間免除するなどの優遇措置を盛り込んだ「西成区特区構想」を打ち出した。「あいりん地区」は、JR環状線「新今宮駅」南側に位置する約1キロ四方のドヤ街である。地元では古くからの呼称、釜ケ崎と呼ぶ人も多い。

元々、労働者の街ではあったが、1970年の大阪万博前後を中心に、全国から労働者が集まり、そのまま定着した。
周囲には簡易宿泊所が乱立し、住民票などがなくても口座の作成ができる貯蓄組合ができるなど、“日雇い労働者の街”となった。その一方で、覚醒剤の売買や犯罪者の潜伏先になるなど、犯罪の温床となってきたことも事実だ。英国人女性殺害容疑で指名手配されて、全国を逃亡していた市橋達也被告が、一時潜伏していたことでも知られている。

現地を歩くと、真冬にもかかわらず、上半身裸でワンカップ酒を飲み歩く男性や、路上で昼寝をしている男性、そして片方だけのスリッパを10円で売る露天商などが、道路のあちこちで店を出している光景に出くわす。公園には日雇い労働者らしき中年男性が大勢座っている。

ただ、「これでも治安は回復した方だ」と語るのは、西成選出の大阪市議・尾上康雄氏だ。「ドヤ街には監視カメラを設置し、治安の改善に取り組んできた。今では通天閣などの観光地に近い利便性と、値段の安さから簡易宿泊所に泊まってくれる外国人旅行者も増えており、世間でいわれるほど恐ろしい街ではない。

橋下市長が『あいりん地区』を『特区』と力説すればするほど、マイナスイメージが拡大すると住民は懸念している。

あいりん地区と聞けば、大阪府民なら誰でも知っている。日雇い労働者や路上生活者が多いので、どうしてもマイナスのイメージは払拭出来ない。しかし、普通に生活を送っている人もいるし、ごく限られた地区以外は普通の住宅街やマンションも建っている。確かに、外国人は一泊1500円程度で泊まれるホテルもあり、人気があるという。

橋下市長が特別扱いすると余計にマイナスイメージが着いてしまうのは確かだ。しかし、あいりん地区を変えていくには他の区と比べて力を入れていかなければ変わらないだろう。昼間からお酒を飲んでいる人が多いが、それ以外では特に怖い思いをしたこともなく、普通に歩ける場所だ。少し歩けば、通天閣や串かつ屋が多くあり、活気のある町だ。家賃も安く、物価も安い。お金を貯めようと思って西成区に移る人もいる。

大阪10大名物
大阪の広域行政や二重行政の解消などについて話し合う府と大阪市の「府市統合本部」の第3回会合が25日開かれ、橋下徹大阪市長は、水道事業の一本化に合わせ、市の柴島(くにじま)浄水場(東淀川区)を廃止し、跡地をまちづくりに活用する方針を示した。また市の特別顧問、堺屋太一氏が大阪の「10大名物作り」を提案。実現に向けて検討していくことを決めた。

会合では、まちづくりのグランドデザインについて協議。橋下市長は「市水道局にとっては柴島は『聖地』となっているが、大阪全体の都市構造をみれば、浄水場をこんなところに置いておく必要はない」と述べ、廃止を明言、まちづくりに生かす方針を示した。

一方、堺屋氏は、シンボルプロジェクトとして4年以内に「10大名物」をつくることを提案。道頓堀完成400周年(平成27年)に合わせ、市中心部の道頓堀に2キロにわたるプールを造って世界遠泳大会を開催する案や、大阪都の発足に合わせて博覧会を開催する案などを披露した。

橋下市長は「中身はともかく、僕はこういうことやりたい。今までの行政の考え方を飛び越えて、どーんといこう」と述べ、具体化に向け検討に入るよう指示した。グランドデザインについては、橋爪紳也府立大特別教授を部会長に、有識者や府と市の関係部局でつくる都市魅力戦略部会が中心となって議論して、6月に全体的な方向性をとりまとめる方針だ。

その他の名所として、「大阪城公園と天満公園をむすぶ大歩道橋」「御堂筋をデザインストリート化」「1万平方メートルの映像ヘクタール・ビジョン」「阿倍野タワーに驚愕展望台」「大阪駅上に空中カフェ」「梅田に空中緑地」「咲洲または南港にエレクトロ・ゲームセンター」「関空と舞洲を国際特区にする」を建設する案が出ている。

正直、大阪の財政難を考えれば、こうした「箱もの」の建設は更に赤字が膨らむ可能性が高い。その建設費の回収には更に数年かかるだろうし、下手をすれば更に赤字が増える可能性がある。街頭のインタビューでも「ブールを造るより他にする事があるのではないか」「道頓堀のプールに飛び込み、事故が起こる」等否定的な意見が多かった。

多分、実現する可能性はほとんどないだろう。しかし、これらの案を検討していく時間と費用が結局無駄なものになると思う。もう少し、現実的で魅力のある内容を検討すべきではないかと思う。

--しんどい時はしんどいんじゃーー!!無理すんなよな--
013103

013104

スポンサーサイト

Category: 日記  Tags: ---

本文: 4  Trackback: 0

紀香さんもうつだった?
夜空を待ちながら / 野猿
フジテレビのスタッフととんねるずで結成されたグループ。今頃どうしているのだろうか。元のフジテレビのスタッフに戻れたのか気になる。


投票所設定
新しく右側に投票所を設定してみました。よろしければ、清き一票をお願いします。一日二回まで投票出来ます。

応援ポッチもたくさん頂き、ありがとうございます。^^

010301

010302

反省会
介護の実習10日間が終了し、反省会も兼ねて同じクラスの友達数人と飲み会をした。お互いの実習の様子を話した。それぞれがばらばらの施設で実習したので、話を聞くと実習の様子が全く異なっていた。ほとんど見学で終わった施設もあれば、馬車馬の様に動き回らされた所まで本当に様々だった。

私の所も過去の記事の様に、日替わりでスタッフが違うので、対応も毎日変わった。不満も幾つかあるが、実習が終わればそれはそれとしていい経験をさせて貰ったというのが感想だ。スタッフとも少し親しくなって世間話が出来て良かった。次回のデイケアの実習も同じ施設なので、気持ちは楽だ。また違うスタッフでそれぞれの対応が違うと思うが、それを事前にわかっていれば今回ほど緊張もせず、スムーズに出来ると思う。再来週からなので、今週はまた学校に通うので、久しぶりに出会う仲間と話をするのが楽しみだ。

藤原紀香さん
芸能生活20周年を迎えた女優、藤原紀香(40)がファッション誌「Numero TOKYO」(扶桑社)の最新号で、成熟ボディーを公開するとともに、初めて離婚のときの心境について告白。うつ病寸前で、一時は睡眠薬を服用していたことなどを明かしている。

神戸出身の紀香は1992年のミス日本グランプリを機に芸能界入り。95年の阪神淡路大震災で、「一度しかない人生だから悔いのないように生きなきゃ」と上京を決意したが、レギュラー番組は1本もなし。「マンションとアパートの中間みたいな限りなく三角形に近い6畳一間に住んで、食事はお米と母が送ってくれた梅干しのみ」という不遇時代を振り返る。

「主演をやるまでは恋愛禁止と事務所から言われていて、それを真面目に守っていました」といい、「気付いたら4、5年完全無休状態」。走りながら、ドラマの仕事を勝ち取った。お笑い芸人、陣内智則(37)との離婚・結婚については、これまで固く口を閉ざしてきたが、名前こそ出さないものの当時の心境を吐露。「結婚し、離婚したことは30代においての大きな転機だったと思う(中略)離婚するのは申し訳なくて-何度も、何度も踏みとどまった。でも、もう、限界だった」原因などの恨みごとは書かず、自身については「毎日、仕事もできなくなるほど苦しくて、睡眠薬を飲まないと眠れず、ウツ寸前だった」と明かす。

離婚に踏み切るまでの1年間に、初のミュージカル「ドロウジー・シャペロン」の稽古を8カ月猛特訓。ところが、ほとんど眠れず、先生から「歌も踊りも、心と繋がってるのよ。今のあなたには全く無理だからすぐ帰りなさい」と告げられ、現実を直視したという。

また、カンボジアやアフガニスタンに学校を3校設立するなど10年にわたるボランティア活動については当初、「欧米じゃないんだから」と周囲の業界人に忠告されたが、現場を見て、「体が動き出した」という。

誰でもうつ状態にはなる時代なのだろう。他にも多くの芸能人もうつを言わずに仕事をしているのだろう。木の実ナナさんや高島忠夫さんがうつを告白したのは有名な話だ。公言していないが、ナイナイの岡村さんも多分うつだったと思っている。復帰後の表情が能面ぽかった事や体重の増加はうつの症状にかなり近い。

でも、紀香さんがうつ状態だったというのを聞いて驚いた。そんな感じを全然見せずに仕事をされていたからだ。仕事はかなりしんどかったと思う。離婚前後は多分ピークだったのだろう。陣内さんももう少し理解してサポートして貰えていればうつ状態にならなかったかも知れない。

うつの回復には、周囲の環境も大きいがよいサポーターがいる事もとても大切だと思う。うつになるとどうしても自分の中で抱え込んで回復が遅れる。早期発見、早期治療がいい。同じうつの人と相談出来るのもいいだろう。私もブロともさんに相談したりしてよくなってきた。私でよければそのサポーターの一人になれれば嬉しい。

人口がやばい
厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は30日、2011~60年の将来推計人口を公表した。10年に1億2806万人だった日本の総人口は、48年に1億人を割り、60年には今より3割減の8674万人になると予測している。推計の前提となる合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子どもの数に相当)は、60年に1.35になるとみて前回06年推計の1.26から上方修正したものの、60年には総人口に占める65歳以上の割合(高齢化率)が4割に達し、超高齢化の進行に歯止めは掛かりそうにない。

推計人口は10年の国勢調査に基づき算出した。最も可能性が高いとみる「中位」のほか、厳しく見積もった「低位」、その逆の「高位」の3推計を示した。60年の総人口8674万人は中位の数値。推計は昨年3月の東日本大震災の影響による「産み控え」などを考慮、11年末~12年にかけて出生数が減り、12年には合計特殊出生率がごくわずか低下するとみているものの、13年以降への影響は小さいと判断している。

今回、将来の同出生率を上方修正したのは06年以降実績が上昇基調に転じ、10年には1.39に回復したため。前回の06年推計は、基準の05年に過去最低の1.26に落ち込んだことを織り込み、前々回の02年推計を大幅に下方修正していた。ただ、長期的には若い世代の出生率が緩やかに低下する傾向は変わらないとみている。

10年の実績と60年の推計値を年齢層別に比べると、0~14歳は1684万人(総人口の13.1%)から791万人(同9.1%)、15~64歳も8173万人(63.8%)から4418万人(50.9%)へほぼ半減。一方、65歳以上は2948万人(23.0%)から3464万人(39.9%)に増える。1人の高齢者を支える働き手の数は、10年の2.8人から1.3人に減る。

平均寿命は、10年は男性79.64歳、女性86.39歳だったのが、60年には男性は84.19歳、女性は90.93歳に伸びる。このほか、高位推計は60年に出生率が1.60まで回復するとし、総人口を9460万人と予測する。逆に出生率が1.12まで下がるとみる低位推計では、総人口が7997万人となり8000万人を割り込むとしている。

50年後は私は多分いないだろうが、大変な世の中になりそうである。人口が減っていくのに平均寿命が延びれば必然的に高齢者の比率が高くなる。そうなると、年金システム自体が崩壊し、新しいシステムの構築が必要だろう。人口減少は、日本に限らず世界の各国も現象に転じる可能性が高い。日本だけではなく、地球規模で将来の事を考えていかなければならないだろう。

高齢化は間違いないので、その高齢者を介護する介護職は今以上に需要が高まるだろう。しかし、今でもそうだが、雨後の竹の子の様に、老人介護施設や訪問介護施設が乱立し始めている。訪問介護施設は場所が必要としないので、簡単に設立出来る。その分、サービスの低下が起きないかと危惧している。施設選びは慎重にする必要がある。


--しんどい時はしんどいんじゃーー!無理すんなよな--
010303

010304





Category: 日記  Tags: ---

本文: 24  Trackback: 0

介護実習最終日
虹とスニーカーの頃/チューリップ


012805

012803

介護実習最終日
長いと思っていた企業実習も一旦10日間の実習を無事終える事が出来た。このブログの中でもいろいろお話したが、良い所も悪い所も見えてきたと思う。施設選びの参考になった。

他の友達も実習が終わり、数名で反省会を兼ねて飲み会をした。それぞれの施設での対応の仕方が異なり驚いた。初日から、食事介助、陰部洗浄、オムツ交換等ほとんどスタッフと同じ仕事をさせて貰った施設や見学だけだったり。。。私の所は以前に書いた通り利用者とのコミュニケーションを中心とした実習だった。

最後の日は、初めて入浴介助を実際に経験させて頂いた。車椅子から風呂用椅子に移乗させたり、実際に体を洗ったり。。。一人の方は浴室内で排泄してしまい戸惑った。しかし、そういう事はよくあるという。その為、よく室内の衛生管理は特に気を付けなければならないと思った。

もう一人の方は、立位は出来るので移動はいける。浴槽内への移動は回転椅子を利用しながら入浴する。滑りやすいので転倒事故につながるので特に緊張したが、無事に入浴出来た。人によって入浴時間は違い、長風呂が好きな方もいるが、入浴は血圧も上がり、体力も使うので顔色などを見ながら注意することも大事だ。

最後の日だったので、利用者一人一人に挨拶をしていくと、寂しくと泣かれる方もいらっしゃって申し訳ない気持ちになった。でも、その分その方との関わりは深くなっていたのだなあと感じた。他にも気になる方もたくさんおられ、時々遊びに行こうかなと思っている。

今受けているのが「介護職員基礎研修」というものだ。なじみがあまりないと思うのだが、最近出来た資格で、2014年にヘルパー1級と2級が廃止され、その上級資格として新しく出来たものだ。レベル的には介護福祉士の次の資格となり、現在ヘルパーの資格を持っている方より上の資格となるので、ヘルパーの方が新しく介護職員基礎研修の資格を取るには、何百時間の学習をしなければならなくなっている。今ヘルパーを取ろうと思っている方は、将来的にはなくなるので介護職員の資格を取るのが賢明だと思う。

次回は、デイケアサービスの実習が再来週から始まる。それまでは、いつものブログ内容に戻そうと思う。

消費税
財務省が試算した2015年度までの国の歳出と歳入の見通しが明らかになった。

15年10月の消費税率10%への引き上げが実現しても新規国債発行額は45・4兆円となり、12年度予算案の新規国債発行額44・2兆円より増えてしまう。税収確保と一段の歳出削減が求められそうだ。

増税が実現した場合、15年度は歳出が社会保障の充実などで101・4兆円に膨らむ。歳入は56・0兆円となる見込みで、必要な新規国債発行額は45・4兆円になる。試算は12年度一般会計予算案を基に、名目経済成長率の前提を1%台半ばとして計算した。

久々の時事ネタ。消費税が上がるのは過半数の国民は納得しているのだが、その使い道と無駄の削減が必要だ。ただ、いつまでたっても自分たちの身を削るという国会議員は少ない。公務員も似たようなものだ。全国の議員の数を一割、給与も一割減らすだけでもかなりの歳出が抑えられるだろう。しかし、そういった発言をする議員は少ない。

介護の仕事では、だいたい一月20万円程度しかない。手取りにすれば15万ぐらいになるだろう。介護職に就こうと思っている私は、ギリギリの生活で貯金所ではないだろう。厳しい環境で頑張っている職業も多くある。議員の一ヶ月分の給与が介護職の一年分ぐらいの開きがある。そのことを真剣に議員さん方にわかってもらいたいものだ。

橋下氏の発言
「通学代、バイトで稼げ」 橋下大阪市長が暴言

橋下徹大阪市長は27日、記者会見し、大阪市と大阪府で制定を狙う「教育基本条例案」に盛り込むとしている3年連続定員割れの府立高校の統廃合で、経済的に困難な家庭の子どもが遠距離通学になっても、「通学定期代くらいバイトして稼げばよい」と強弁した。

橋下市長は「生徒が集まらない学校をずっと置いておいても仕方がない」とし、「本当にそういう事情があるなら電車代を助成しますよ」と発言。一方で、「本当に家庭の事情で苦しいというなら通学定期代くらいバイトして稼ぎゃあいい。授業料までただにしてるんですから。通学代が出せないから地元に高校を残さないといけないなんて、そんな理屈は通らない」と述べた。

基本的には学生は勉強重視で過ごしていくものである。それをアルバイトでお金を稼げというのには疑問を感じる。学校が終わり、夕方からバイトをすれば当然勉強にも支障が出るだろう。クラブ活動もあり、学生にはそれ程余裕はないはずである。やはり、感覚が少しずれている気がする。いい意味での改革をしていくのは大いに結構だ。しかし、教育関係に関してはかなり偏見があると思う。

人間関係
9月から始まった介護の勉強も残るところ1ケ月となった。だんだんとクラスの仲間と親しくなっていき、仲間関係もかなり変わってきた。年齢に関係なく仲良くなった。お互いに友達の友達を紹介してくれたり、年齢差があるのに同じ感覚で付き合ってもらったり。学生時代には有り得なかった関係だ。

お互い大人なので、その年齢でなかなか新しい仲間を作ることは難しくなる。頭も固くなり融通がきかなくなるので、余計に仲間になりにくいなあと思っていたのだが。みなさん柔軟に対応出来る方が多い。一生の友達になれると思う人も何人かいる。同じ介護の仕事をる座す仲間なので、飲みに行っても話しがわかりわかり余計な説明をしなくて済むので楽だ。仲間は大切だ。一生の友達がみなさんはいるだろうか。私は10人程度はいる。無二の親友だ。大変ありがたい。人間嫌いもないとはいえないが、不器用な私を慕ってくれる仲間には感謝する。

--しんどい時はしんどいんじゃーー!無理すんなよな--
550

012804






Category: 日記  Tags: ---

本文: 10  Trackback: 0

介護実習9日目
甲斐よしひろ/破れたハートを売り物に
知らないだろうなー。


投票所設定
新しく右側に投票所を設定してみました。よろしければ、清き一票をお願いします。一日二回まで投票出来ます。

応援ポッチもたくさん頂き、ありがとうございます。^^

介護実習の話は意外と好評の様です。将来施設にお世話になる可能性が高いのでいろんな施設を見学や短期間のショートステイに行って、実際に目で見て確認することが大切ですね。

昨日のブログは訪問300人を超えました。みなさん介護施設に興味があるのかなと思いました。

たくさんの方にご訪問頂いているだけで大感謝です。ありがとうございます。

012601

012602

介護実習9日目
早いもので、あと一日の実習となった。最初はどうなることかと心配していたが、気持ちの切り替えで何とか終われそうだ。再来週からは日帰りの利用者が朝来て、昼食を食べて、リクリエーションをして帰るデイケアの実習が4日間ある。スタッフや利用者さんが違うのでまたどんな実習になるのか不安と期待がある。

今日お世話をした方は、認知も進み、片麻痺の方だったのだが、一日経つと前日の記憶が出来にくいので、毎日「あんた誰?」からスタートする。するとまた自己紹介から始まる会話が決まり事になっている。わずか二年前には足腰、表情も豊かな方だったのだが、今は車椅子なしでは行動出来ない。短気で暴力を振るわれる事があり、なかなか介助も難しい。機嫌がいい時と悪い時のギャップが大きいので、毎朝の声かけでその日の介護の仕方も変わって来る。毎日、声かけをして、その方の機嫌がよくなれば私の勝ちだという感じで接している。今日は五分五分だった。

新しく更に認知の進んだ方と出会えた。反応があるのだが、全く意思疎通は出来ない。こちらからの声かけには反応するのだが、返答している内容はほとんどわからず、全く別の話をブツブツとつぶやかれている状態だ。どう対応してよいか戸惑ったが、出来るだけ話の内容を聞き取り、うんうんとうなずいて答えるのが精一杯だ。食事も食事と認識しにくい様で、なかなか食事をせず遊んでしまう。一時間ぐらいすると食べ始めるのだが、手づかみ状態で食される。今日一日だけの介護だったが、その方の今後の状態がとても気になるし、どう介護していくべきなのかを見届けたい気持ちだ。

あと、施設側の方と話をした。概ね好評だとの事。話しているうちに将来像を聞かれ、介護福祉士とケアマネの資格をとり、サービス提供責任者になる事と話すと、「広い視野をもって実習しているので、そうだと思った。」との事。しかし、いずれ責任者になるにせよ、現場を知らなければ教育も出来ない。数年は現場で実体験してステップアップしようと思っている。しかし、問題なのが「どの施設が良いか」である。友人に聞くと本当に施設によって対応がバラバラだ。本気で取り組んでいる施設を選びたい。どなたかそれを見分ける方法をご存知ならご教授願いたい。

いよいよ、明日で一旦施設実習が終了する。正直もっと体験したかったのだが、いろんな面が見られて良かった。実習は実技だけを学ぶのではないので、それなりに得るものがたくさんあった。明日は、何を目標にしようかなあ?

うつの話
老人性うつ病という病気もある。年を取っていくうちに将来への希望感がなくなり、どうせもうすぐ死ぬという恐怖も重なって元気がなくなったり、やる気がなくなったりする。普通のうつ病と似ている。介護施設にもうつっぽいなあと感じる方も何人かいる様な気がする。ただ、認知症とうつ病の症状か似ている所もある様で、その判断は医師に任せるのがいいだろう。しかし、心療内科の様な専門の医師は巡回に来る事はない様なので、今後は普通の医師と共に心療内科医も施設と連携していく必要性があると思う。

うつ病と同じ様に「どうにかなるよ」「頑張って生きましょう」と安易に利用者に声かけをするのも注意しなければならないと思う。うつになった私でも、実習中思わず言ってしまう言葉だったが、認知とうつの違いについても勉強しなければならないと思う。

--しんどい時はしんどいんじゃーー!無理すんなよな--
012603

012604



Category: 日記  Tags: ---

本文: 10  Trackback: 0

介護実習8日目
浜田省吾/JBOY
久しぶりに聞いてみたかったので。


投票所設定
新しく右側に投票所を設定してみました。よろしければ、清き一票をお願いします。一日二回まで投票出来ます。

応援ポッチもたくさん頂き、ありがとうございます。^^

不思議なもので、介護実習は好評の様です。今日は訪問300人を超えました。ちょっと複雑な気持ちです。でも、たくさんの方にご訪問頂いているだけで大感謝です。ありがとうございます。

012504

012503

介護実習8日目
実習もあと二日になった。今日の担当の方はかなり体験をさせて頂いた。

オムツ交換や口腔ケア、シーツ交換、ゴミ掃除等。やはり大変なのが陰部洗浄だ。施設によってやり方は違うだろうが、拘縮の進んだ方は、股間が開かずなかなかやりにくい。体位変換させながらやって行くのだが、洗浄するお湯が飛び散ってしまい、ラバーシートを汚してしまった。上手くオムツの中に収まる様に洗浄する様にしたい。

あと、嬉しかったのは利用者さんからありがとうと言われる事だ。利用者さんによって異なるが、ちょっとお手伝いをしただけで感謝して頂く方もいる。見習い以下だが、利用者さんが嬉しいと思える様な介護を常にしたいと思う。いろんな職業があるが、一番ありがとうを聞く事が出来る職業かも知れない。そして、その感謝の言葉に自分自身が救われて、明日への元気につながる様な気がした。

また一つだけ自慢したい。ある利用者さんから、「あなたはとても気が付く方ですね」と言われた。その方は、他の実習生が来た時には良く注意をする人らしい。その方から褒め言葉を言われたので余計に嬉しかった。その方曰く、利用者さんは私達を見てない様で、とても良く見ているという。手抜きもわかっているのだが、お互い嫌な気持ちになるのが嫌で、不満があっても言わないという。こういう愚痴をコソッと教えてくれる。みんな不満があるのだなあと思い悲しくなった。

そして、今度は利用者のご家族の方に話を聞いてみた。「ご家族側の立場として、介護施設に何を求めているのか」さて、皆さんは何と答えたと思うだろうか。答えは「声かけ」これは、利用者だけではなく、この施設に来ているご家族にもどんどん声かけをして欲しいという。そして、利用者さん同士だけではなくそのご家族ぐるみでお互いに知り合いになれる様な橋の役目をして欲しいということだった。

利用者さんはやはり独りで寂しいという。そして、利用者同士で仲良くなるのは意外に難しい様だ。確かに、認知度もそれぞれ違うので、気軽に話したつもりでも喧嘩になってしまったり、耳が遠くて無視されたと勘違いされる場合もある。その間を上手くやり取りしていき、友達を作っていく。家族もそれぞれの悩みがあるので、お互いに知り合いになりたいというのである。

あと、実習生は基本的に一人では各個室に入らないようにと言われているのだが、スタッフから指示を受けて一人で入る事があった。そうすると、みなさんフロアでいる時と全然違ってよくお話をされる。一対一というのと自分の部屋の中という安心感からだろうか、実習生だからだろうか、本当によく話して頂ける。上にも書いたがスタッフへの不満の多い事多い事。でも、その不満を聞く事によって今後の介護の仕事への取り組み方がよくわかった。

利用者は手抜きするスタッフの事は必ずバレている。軽蔑やべっ視しているのもわかっている。裏表のある人の事もわかっている。でも、利用者はその不満を言えない。悲しい事だ。介護職のみなさんにもこの事はわかって頂けると嬉しい。

---しんどい時はしんどいんじゃーー!!無理すんなよな---
012502

012501

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。