しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

鬱までにはならないでも、予備軍は多いと思います。こうした鬱予備軍から少しでも、脱却出来る様にサポート出来れば、私としても嬉しく思います。欝の話だけでなく、ほっこりした写真やブログを目指しています。新たに、介護の勉強を始めました。将来は介護福祉士の資格取得を目指しています。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kenken20110501

Author:kenken20110501
FC2ブログへようこそ!
欝の話もありますが、日ごろの出来事や旅行記、写真など日頃の生活の中でほっこり出来るような内容のブログを目指しています。広く浅くの私ですが、みなさんに元気を与えられたり、人生のヒントとして頂ければありがたき幸せでございます。

カウンター
過去の写真
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flashリバーシ
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
36位
アクセスランキングを見る>>
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 記念  Tags: ---

本文: 8  Trackback: 0

お祭りだ!祝!90000人突破!感謝感謝!
90000人突破!
いつもご訪問ありがとう。不定期になったにも関わらず、多くの方が訪問して頂き、本当に感謝。^^

森山良子-さとうきび畑
森山 良子(もりやま りょうこ、1948年(昭和23年)1月18日 - )は、日本のシンガーソングライター、女優。本名同じ。サンフランシスコ生まれの日系2世ジャズ・トランペッターの森山久を父として、元ジャズシンガーの浅田陽子を母として誕生。(かまやつひろしは従兄(母どうしが姉妹)、その長男かまやつ太郎は従甥)。

長女の奈歩は最初の夫との間に生まれた子であり、長男の直太朗は再婚した夫・ジェームス滝との間に生まれた子である。その後、離婚。 2006年10月、長女の奈歩がお笑いコンビおぎやはぎの小木博明と結婚したことにより、小木博明の義母となる。2009年1月、長女の奈歩が第1子を出産し、初孫ができる。

歌の主人公はひとりの少女である。少女は沖縄での戦闘で死んだ父親の顔を知らない。やがて大きくなると、ひとりで父親を探しにさとうきび畑に行く。父はなぜ殺しあったのか、なぜ殺されたのか、なにを恐れ自決したのか。通り抜ける風の音を聞きながら静かに悲しみを訴える。



うつの合い言葉ー焦らない!後戻りしない!諦めない!

2012.08.17.01

認知症
いろんなタイプの方がいるので、それぞれに対応した言葉かけが必要になる。私は根が真面目なせいか、本当の事を伝えてしまう事が多い。「いつ家に帰れるん?」と聞く利用者さんは多い。最初は、「もうちょっとしてからね」と言っていたのだが、最近では、「明日ね。」とか「晩御飯を食べたらね。」等の言葉かけに変わっている。ご本人は、一時的な泊まりだと思っているので、早く自宅に帰りたいという帰宅願望が強い。そういう方には、嘘も方便、やむを得ないのかなと思う。

認知が強いので、なかなか施設内で楽しめる行事が少ない。趣味とかもいろいろ聞いてみるのだが、ないという。食事をして、テレビを見て、お昼寝して、おやつを食べて、お風呂に入って、、、。毎日同じ事の繰り返し。。。。まだ元気な私の母親も似たような生活をしているが、自宅で暮らしているので、好きな時にご飯を食べて、好きな時に買い物をして、、、、という様に自由が効く。

一方では、自宅より施設の方がいいという方もいる。その方は、自宅そのままのリズムで生活している。居室では、パンツ一枚で過ごし、持参のおやつを好きな時間に部屋で食べながらテレビをみて過ごしている。家よりよく眠れると言うのだから、施設での生活を楽しんでいる様だ。

どの方にも共通していること。「誰かと話したい。」「誰かと関わりたい。」という事だ。はじめは無口で部屋にこもりっぱなしの方だったのが、だんだんと慣れて、自分からみんなのいる所へ行ってみたりする。かまってもらいたいのだが、自分からは照れくさくて言い難いという感じだろうか。そういう、日々の変化が見られるのが少しずつ介護職としての楽しさが出てきた。

しかし、まだまだ様々な認知の方がいるので、いろんなパターンで接しなければ相手の心に伝わらない。毎日会っているのに、「あんた誰?」と毎日聞かれるのもちょっと残念だ。

2012.08.17.02

欝の話
最近は、調子の良い感じでブログを書いているのだが、利用者さんを怪我させた時以降、緊張感とストレスで体調はあまり良くない。頭痛、動悸、湿疹、目の痛み、腰の痛み、手あれ、、、、などなど沢山体につらい症状が出てきている。記憶力の低下ややる気の低下もある。何度も「休みたい」と思うのだが、今は人不足で私が休むと他の人に迷惑がかかる為、簡単には休めなくなってきている。

「利用者1.5人に介護者1人で手厚い介護が出来ている」という様な触れ込みでいるが、現実は????だ。日中は一人で10人を見なければならない時間帯もある。夜勤は20人を1人でという場合もある。もうちょっと、何とかならないものだろうかと思う。

友人の施設の話も聞くのだが、どこも似たようなものの様だ。もっと酷い所もあるようだ。今後いい方向へ向かっていく事を願いたい、介護職のレベルアップの為にも。。。。。

2012.08.17.03

元教師
わかる人はうすうす感じていたかも知れないが、かつて私は教師だった時代がある。小学校の教師をしていた時代がある。その為、毎日起こる教師の不祥事にはとても気になる。いじめで自殺というのも、いじめの経験のある私なので、教師の存在は大きいと感じていた。熱心な先生が何度も自宅を訪れ、話を聞いてくれた。いじめる側の生徒にも話をじっくり聞いて、きちんと私の前で謝罪する所までして頂き、その後はいじめはピタリと止んだ。

順風満帆な教師より、それまでの人生の中で、様々な経験をする事が教師には必要な気がする。挫折を味わうのもその一つかも知れない。実体験出来ないのであれば、書物なので疑似体験し、いじめる、いじめられる生徒の気持ちを学ぶ事も必要だろう。

昔に比べ「熱い教師」は減ってきている気がする。もちろん、素晴らしい教師もいる。しかし、そういう熱血的な教師は他の教師からみれば煙たい存在で、職員室で浮いた存在になる場合もある。それでも、自分の生徒達にかける情熱はそのまま持ち続けて是非続けて欲しいと願う。

スポンサーサイト

Category: 記念  Tags: ---

本文: 24  Trackback: 1

祝!70000人突破!
ばんばひろふみ・速達
ばんば ひろふみ(1950年2月20日 - )は、日本のフォークシンガー、ラジオパーソナリティ。本名は馬場 弘文(読みは同じ)。京都市東山区祇園出身。速達(発売当時、MBSヤングタウン金曜日でザ・ベストテンにこの曲をランクインさせようという呼びかけ(机•イッツマイライフ運動)があり、その結果同番組のはがきリクエストランキングで最高9位を記録した。ヤンタンファンへの感謝とメッセージをこめてザ・ベストテンスポットライトコーナー登場時、カメラに向かってピックを投げるという公約を守った。)


祝!70000人突破!感謝!
いつもながら、みなさんの御蔭で70000人突破していた。^^感謝!感謝!本当にありがとう。最近はなかなか更新出来ず申し訳ない気持ちで一杯だ。仕事が休みの日などに更新する様にしているが、相変わらずパソ前で寝ている事も多い。音楽、写真のアップも出来ない時もあるので、こちらも申し訳ない。

本当にご訪問いただきありがとうございます。

6/17-3

6/21-1

6/21-2

介護の話
ずっと、介護の仕事に就いたのだが「辞めたい、辞めたい」と思っていたのだが、最近は、「辞めたい」という気持ちはなくなった。やっと仕事に慣れて来たのかも知れない。しかし、まだまだ失敗も多く、利用者さんに申し訳ない気持ちで一杯だ。気持ちよく毎日を過ごして貰えるには、どうすれば良いか、自宅介護と施設介護との上手い連携をとるにはどうすれば良いか等の思いが強くなって来ている。

身体介護がどうしても中心となり、なかなかゆっくり利用者さんと過ごす時間が採れない。介護しながらのコミュニケーションを上手く利用したい。

しかし、風呂では静かにゆっくり浸かりたい方に、色々話しかけるのはコミュニケーションとしてはいいかも知れないが、利用者本位ではないと思う。今は、まず信頼関係を築いていくのが一番だろう。

やはり嬉しいのが利用者さんからの「ありがとう」の言葉と、認知症等、意思の疎通が難しい方でも、たまに話しが通じた時の嬉しさ、私が帰るときに「明日も来てや」等の言葉が明日への活力になって来ている。毎朝、起きるのはしんどいのだが、自分が休むと利用者さんだけではなく、他の職員にも迷惑がかかるので休む事は出来ない。

「介護はしんどい仕事」と思われているが、人と人との仕事としては面白い仕事だと思う。しかし、同時に「人の死」とも向かい合わなければならないという強い心も必要な仕事だ。それまでには、精神面の訓練も必要だ。

信用出来ない
介護での失敗した出来事は、次の日にならない内に他の職員にほぼ全員に伝わっている。悩みの相談に関しても、私が相談した内容が他の職員に筒抜けだ。上司として信用していたのだが、もう相談しない事にした。どうしてそんなにペラペラ話すのだろう。「私は出来ない奴」というレッテルを100枚くらい貼られている感じだ。すっかり嫌われたものだ。。。。

まあ、ミスも多いので仕方ないなとある意味開き直っている自分がいる。そのうち、出来る様になるだろう、という感じで焦らず行こうと決めた。介護者同士の足の引っ張り合い、利用者さんの陰口、どこにでもある事なのだろうか。


Category: 記念  Tags: ---

本文: 20  Trackback: 0

祝!1周年!
ゴールデンボンバー/女々しくて
ゴールデンボンバーは、日本のヴィジュアル系エアーバンド。略称は「金爆(きんばく)」「ボンバー」「GB」など。2004年にボーカル鬼龍院 翔を中心に結成。「女々しくて」(めめしくて)は、ゴールデンボンバーの7枚目のシングル。2009年10月21日にZany Zapから発売された。2011年8月24日発売された「女々しくて/眠たくて」も本項で記述する。オリコンでは、最高位4位まで上昇した。


043001

043002


祝!ブログ開設1周年!
なんやかんやといろいろありながら始めたブログ。明日で丁度1年になる。以前は毎日更新していたが、仕事の忙しさと疲れからでなかなか更新する頻度が減ってきたのだが、たくさんの方がご訪問頂き何とかここまで続けられた。ありがとう。

一年前の初コメント。
新しい月からのスタートです。
はじめまして。kenkenです。
なにもわからないまま、ブログを立ち上げました。
出来る限り、毎日つづけようおもいます。
今後共よろしくお願いします。


何ともシンプルで全く方向性が決まっていないままでの船出だった。

今後もマイペースでやって行きたい。

あれれれ?
人事異動でスタッフの入れ替えがあった。今までは出来ない出来ないとばかり思っていたのだが、一人で動ける様になっているのがわかった。何か不思議な気持ちだ。相変わらず注意は受けるが、だんだんと頭の中に入る様になって来ている感じがする。利用者さんの介護の時間はまだまだかかるが、少しずつ早くなれる様になりたいと思う。

しかし、相変わらず仕事疲れはかなりある。腰痛ベルトを付けているのだが、体全体の疲労感があって、寝ても楽にならない。体がもっと慣れてくれればと願うばかりだ。

昭和と平成
平成時代で青春している若者の特徴という記事があった。それによると、
・趣味が少なく余暇はネット
・金を使うのがもったいないから外出控える
・友人関係もメール主体で表面上だけの仲良しで実際は稀薄な有人関係
・「楽」を選び積極性に欠ける事が多い 悪い事は何でも他人のせい
・「みんなと一緒、みんなと同じでないと恥ずかしい・不安」 主体性がなく個性を出す事が下手で自己表表現力なし
・幼少の頃よりおもちゃもゲームも何でも揃ってる、常に用意された物で遊んできたため応用力に欠ける
・ゆとりある生活を送ってきた、経験不足から総合的な想像力や絶対的な技術力に欠ける
・結果として異性との出会いも少なく結婚に興味が持てない
・仕事もなかなか上達しない

という事らしい。しかし、平成生まれが全てそうかといえば違うだろう。マイナス面のみを取り上げているだけで、昭和生まれでもダメな人はたくさんいるだろう。

確かに、生まれてからすぐに携帯、ネットやツイッター等のネット環境が与えられているので、自然にその環境に乗っかる事が出来る。

しかし、昭和生まれの私でもブログを立ち上げているので、記事自体は偏った見方をしている感じだ。昭和生まれのやっかみだろう。

Category: 記念  Tags: ---

本文: 26  Trackback: 0

祝60000カウント!感謝!
Anniversary/松任谷由実


祝!60000カウント突破!感謝!
毎度の事ながら、皆さんのご訪問に感謝!ありがとう。^^これからも、ほっこりしたブログをマイペースで続けたいと思う。皆さんに感謝!

厳しい指導
今日も、たくさん注意を受けた。指摘されている所は、理不尽な事ではなく、自分でも納得出来る所なので文句はない。きっちりした指導をされている。その理由として、いきなり技術もないままで介護させて、もしもの事があれば、私自身が一生トラウマになってしまうから、そうならないために、しっかり基礎を教えていると言われた。

確かに、友達の施設ではいきなり全ての介護をさせられているという。それなりに仕事をこなしている様だが、危険な部分も多い。人手不足で、私の様にきちんと指導する余裕がないのが、どこの施設でも現実だろう。私を指導しているリーダーも時間がないのに指導に時間を割いているので、自分の仕事がなかなか出来ないようだ。私がしなければいけない仕事も変わってされている様で、大変な様だ。

今後、どこの施設に変わったとしても充分やっていける様に指導していくと言われた。本当に厳しい指導だが、この辛さを乗り越えて行くと、きっと楽しい仕事だと思う。^^

でも、毎日凹みながら何とかやっていこうと思う。

040601

040602

欝は敵じゃない
欝のカテゴリーなので、他の欝の方のブログも拝読している。私もかつては欝だった。というより、今も欝の薬を飲みながら介護の仕事に飛び込んだ。正直仕事はしんどい。でも、欝が良くなれば必ず社会に復帰出来る。だから、欝を恨まないで欲しいと思う。欝の原因となった事柄も恨まないで欲しい。

欝になってしまったのは、どうしようもない。その時点で止まったままだと治るものも治らない。欝になってしまったのだから、上手に欝と付き合うしかない。欝を否定するのではなく、まず欝を受け入れよう。それが、欝を治す第一歩だ。

16年ぶりに再会ねこ
独南部ミュンヘン(Munich)で、16年前に行方不明となった飼い猫が発見され、保護された。愛猫「ポルディ(Poldi)」は死んだものとあきらめていた飼い主の女性と間もなく感動の再会を迎えるという。ポルディを保護しているミュンヘンの動物保護施設のエフェリーネ・コーゼンバッハ(Eveline Kosenbach)氏によると、ポルディはミュンヘン近郊の森でやせ細った状態で発見された。森の中で暮らしていたとみられる。

耳の裏に施されていた入れ墨から、すぐにポルディだと分かったという。また、ペットごとに付与される識別番号もポルディのものと一致した。コーゼンバッハ氏によると、飼い主の女性は「(失踪から)とても長い年月が経っており、もはやポルディ再び会えるとは考えてもいなかった」という。また、行方不明となったネコがこれほどの長期間、生き延びられたことも「非常に異例」だと同氏は話した。  

飼い主の女性は5日、ポルディを引き取りに同施設を訪れるという。

のらでよく16年も生き延びていたとは驚きだ。人間で言えばもう90歳ぐらいではないだろうか。よくぞ頑張って生きていたと思う。飼い主さんも大喜びだろう。どうぞ、余生を幸せに過ごしてもらいたいものだ。

漂流がれき問題
東日本大震災による津波で海に流れ出したがれきについて、環境省は6日、太平洋上を東に漂流してハワイの北方を通過し、今年10月頃に米国やカナダの西海岸に到達するとの予測を発表した。

洋上に流れ出ているがれきは約150万トンと見積もられており、人工衛星で撮影した画像と、海流や風などに流される速度を基に、同省で2013年6月までの漂流予測をまとめた。予測では、がれきは今年の10月頃に西海岸に到達した後、海流に乗って南下し、13年6月にはメキシコ周辺に到達する。

米国などの西海岸周辺には約4万1300トン分のがれきがたどり着くと見ており、同省は今後、関係国と処理方法の協議を進める。

日本でも、震災のがれき処理でもめている場合ではないだろう。仮に、海外諸国に震災がれきは放射能があるから受け入れられず日本に処理を求められる可能性もある。国内でがれき処理を拒否している場合ではない。日本でがれき処理を拒否している意味がわからない。日本国内で拒否しているのに、海外では処理を依頼する事になればとても自分勝手な国と思われても仕方がないかもしれない。がれき処理反対の方の考えをお聞きしたいものだ。

---しんどい時は、しんどいんじゃーー!!無理すんなよな---
040701

040702

Category: 記念  Tags: ---

本文: 18  Trackback: 0

痩せた!!!
猪苗代湖ズ [MORE ACTION, MORE HOPE]
ツイッターで話題になった曲。紅白でも歌われた。何度聞いても元気が貰える。


祝!一日来訪者300人突破! 
   ブログ訪問者が一日300人を突破した。ブログ初の出来
   事だ。ありがとう。感謝。今年は本当に幸先が良い。この
   ままいい年でありますように。。。そして、皆さんにとっ
   ても良い年でありますように。。。


010310
010314

警察の失態
オウム真理教による公証役場事務長・仮谷清志さん監禁致死事件で、1日に逮捕された教団元幹部平田信容疑者は「出頭する際、情報提供の電話窓口に電話をしたものの相手にされず、その後、警視庁本部に向かった」と話していることが新たにわかった。

平田容疑者は3日朝、勾留の手続きのため、警視庁大崎署から東京地裁に向かった。平田容疑者の関係者によると、平田容疑者は「出頭する前、警視庁の情報提供ダイヤルに電話をかけたものの相手にされず、仮谷さんの事件の捜査本部が置かれている大崎署に向かった。しかし、大崎署の入り口がわからず、警視庁本部に向かった」と話している。

捜査関係者によると、平田容疑者は東京都内の駅から警視庁本部に近い霞ケ関駅まで地下鉄で移動し、警視庁本部に出頭した際にも機動隊員に悪質ないたずらと扱われていた。警視庁は一連の経緯を調べている。

警察の失態だ。せめて指名手配されている人の顔ぐらいは、どの警察官も知っておくべきだ。私でも、オウム真理教の手配写真の顔は覚えている。特に「走る爆弾娘」こと菊池容疑者の顔ははっきりと知っている。本人がそのまま出頭したので良かったが、最初の出頭で相手にされなければ、気持ちが変わり逃げてしまう可能性もあっただろう。警察も忙しいのはわかるが、もう少し、緊張感をもって貰いたいものだ。

尖閣諸島上陸!
日本の共同通信社の報道によると、4人の石垣島の議員は今朝早く釣魚台(尖閣諸島)に上陸したとのこと。台湾及び中国大陸と日本は、それぞれこの島の領土主権を主張している。

及び腰の日本。石垣の議員はよくやったと思う。領土を主張するのなら、もっと行動を起こしてもよいと思う。しかし、中国と日本の関係を保つ為には派手な行動をしない方がいいのだが。折衷案として、尖閣諸島の半分を中国と日本で分け合う事は出来ないだろうか。しかし、これを認めると日本の領土を取られた事になるので実現はむずかしいだろう。以前、北方領土も2島返還の案が出たが、この話も宙に浮いた状態だ。多分、北方領土は全部を返還するという時代はやって来ないだろう。それなら、2島だけでもいいのではないだろうか。

ツイッター論
ツイッターやブログでの発言が元となり、ブログのコメント欄が荒れるなど、いわゆる「ネット上の”炎上”」が後を絶えない。有名人や公人だけでなく、一般人による”炎上”も頻繁に起こっており、原因となった発言をした者だけではなく、周囲の人間までもがブログなどを通して批判・誹謗中傷されている。

そこで今回は、一般の方の”炎上”に焦点を当て、実際に「インターネット上での”炎上”」を体験したという人物にインタビューを試み、匿名であることを条件に語ってもらった。

そもそも”炎上”とは、個人のブログやSNSなどでの発言に対して、ネットユーザーが批判や誹謗中傷を多数書き込むことを指すが、発言の当事者だけでなく、周りの人間まで巻き込まれる形で論争が発展することもある。また当事者が公開していない「作り上げられた情報」や、家族や友達の個人情報までもが公開される事例もあった。ネット上でのある発言が原因となって実際に”炎上”を体験したという人物は、「本当は話したいことがたくさんあるが、自分が話すことでまた論争が起こる可能性もあるので、具体的な話はできない」とした上で、「ただ一つ言えることがあるとすれば、怖かった」 と語った。この人物によれば、”炎上”は「単純に批判されることよりも、一度”炎上”すると歯止めが聞かないところに怖さがある」という。

「批判や誹謗中傷はまだ仕方ないとして、情報が一方的に作り上げられ、その情報に関してさらなる批判、誹謗中傷がなされる。一度論争が巻き起こると、こちら側が何を言ってももう遅い」と、ネット上で情報が広がることの恐ろしさを語った。特に作られた情報が拡散することについては、「ふだんの生活で誰がこの話を知っていて、誰が知らないのかが分からないため、他人と付き合いづらくなった」と話す。

この人物はまた、「不用意な発言が責められるだけでなく、作られた情報や直接関係のない家族や友達の個人情報までもが公開されるのはどうかと思うという。

ツイッターの怖さはこのブログでも頻繁に話題にしてきた。友達に話す感覚で軽い気持ちで書き込むと、その事に対して炎上する事が多い。ブログでもそうだが、私はブログの裏には多くの知らない人が見ている事は気にかけている。その為、批判的な内容の時には特に書き方を気にしている。どの程度まで書くのが良いか。どんな反応が出て来そうか等。後は、個人情報に対する注意だ。

今は、ちょっとネットの知識があれば、割合簡単に個人を特定する事が可能だ。そういう意識がないと炎上の被害を被る事があるので特に気をつけなければならない。

せんとくん人気
2010年の「平城遷都1300年祭」を盛り上げた「せんとくん」の勢いが止まらない。1300年祭だけ祭のマスコットから、県の観光マスコットに「出世」し、2012年は「古事記」に関する新プロジェクトにも参加するという。

2008年、平城遷都1300年祭の公式マスコットキャラクターとしてお披露目された「せんとくん」だったが、当初は仏に鹿の角を生やしたような姿のため「かわいくない」と多くの非難を浴びた。しかし、徐々にアクのある存在が受け、最終的には公式キャラとして不動の地位を確立。今では、同じく1300年祭を盛り上げた仲間のキャラクター、「まんとくん」「なーむくん」との横並びレースから抜け出し、ぶっちぎりの独走態勢に入っている。

まず大きかったのは2011年1月4日から、奈良県の観光マスコットになったこと。さらに12月20日には、2012年にスタートする「記紀・万葉プロジェクト」の応援にも借り出されることが決まった。古事記編纂から1300年になることを記念したもので、奈良時代の官服姿に衣替えした「NEWせんとくん」も発表された。

奈良県が「せんとくん」を公募せずに決めたことに反発して、地元のデザイナー団体が制作した「まんとくん」は、奈良を元気にする存在として現在も活動中だ。ただ、ホームページの活動状況を見ると2011年11月26日の天理市で行われたイベントを最後に更新はされておらず、今後の予定も「空欄」になっている。

「なーむくん」は生みの親である奈良の仏教会「南都二六会」のイメージキャラクターとして就職。こちらも各種イベントに出張しているようであるが、全国的に目に触れることは少なくなった。

この露出の差について、前出の奈良県職員は「それぞれに独自の活躍をされていると思いますが」と断りながらも、「せんとくん」が他と比べて印象が強かったのではないかと指摘する。制作者は、仏像などの古美術の専門家で、彫刻家としても著名な籔内佐斗司・東京藝術大学大学院教授。お披露目当初に反発はあったが、同時に全国の人に強烈なインパクトを与え独特の存在感を印象付けた。

ネットでも「強烈なオリジナリティのせんとくんが結局生き残った」「せんとくんダントツの存在力だな」「結局せんとくんを超える新キャラは今まで出ていない」など、その存在感を評価する声は高い。全国的に見ると、最近ではゆるくないどころか、「怖い」と子どもに泣かれるゆるキャラまで誕生しており、キャラクター界は混とんとした時代を迎えている。これからは批判を恐れず「やみつきになるアク」をどう付けるかが、息の長いキャラクターを生むコツなのかもしれない。

最初は、確かに不気味な顔立ちだった。あと二つのキャラは中途半端になってしまったのと、平城遷都1300年祭で大活躍だった功績によるものだろう。真夏の暑い時でも、関西ローカルの番組に元気な姿で出ていて頑張った成果だろう。

私個人としては、「ひこにゃん」が断トツに好きだ。後は、熊本の「くまもん」が続く感じだ。みなさんはどんなゆるキャラが好きだろうか。

痩せた!!
ここ最近ダイエットをしていた。朝食はモーニング、昼食はサラダのみ、夕食はご飯半分とおかずという食事だ。これだけで4キロ痩せた!最近はそれプラスサプリメントとして、「Lーカルニチン」を摂取しはじめて、更に減量出来た。

カルニチンが脂肪の燃焼を助けるという事を聞き、とりあえず試してみていた。カルニチンを取り始めてからはウエストが細くなってきて、こちらも5センチ減った。^^これ以上はウエストは難しそうなので、腹筋等の運動を取り入れようと思っている。今年は幸先がよい。年賀状のミスはあったが、それ以上に嬉しい出来事だ。早くメタボを脱却しなければ。。。。

---しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな---
010312
010313

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。