しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

鬱までにはならないでも、予備軍は多いと思います。こうした鬱予備軍から少しでも、脱却出来る様にサポート出来れば、私としても嬉しく思います。欝の話だけでなく、ほっこりした写真やブログを目指しています。新たに、介護の勉強を始めました。将来は介護福祉士の資格取得を目指しています。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kenken20110501

Author:kenken20110501
FC2ブログへようこそ!
欝の話もありますが、日ごろの出来事や旅行記、写真など日頃の生活の中でほっこり出来るような内容のブログを目指しています。広く浅くの私ですが、みなさんに元気を与えられたり、人生のヒントとして頂ければありがたき幸せでございます。

カウンター
過去の写真
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flashリバーシ
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
36位
アクセスランキングを見る>>
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 鬱   Tags: ---

本文: 8  Trackback: 0

鬱の初期症状
松崎しげる/私の歌
1976年グリコアーモンドチョコレートの主題歌。


お知らせ
新しい方が多くなったので、このブログのご案内を。

基本的なパターンは、写真が最初に二枚、音楽、記事が4、5本、タイトル、写真最後に二枚の形で構成されているので、ラストに写真がなければ、その日のブログは更新途中だ。余程の事がない限りこのパターンなのでよろしく(^-^)/

あと、左上にあるランキングをポッチして頂けると元気が出るのでこちらもよろしくお願いしたい。感謝!!

nhmb

juk

芦田愛菜ちゃん大変
しいす
ついにCM12本!19日、都内で行われた発表会でブルボンの新CMキャラクターに起用が決まった子役の芦田愛菜ちゃん(7)。“マルモリ”人気は衰え知らず。今や不動のCM女王、上戸彩さん(26)の13社に迫る勢いである。愛菜ちゃんはこの日も会見の前にCM撮影を行うなど超多忙。「お菓子を食べると幸せになります!」と元気いっぱいだった。

ところで、気になったのは会見が行われた日時である。19日は平日。スタートは午前11時から。小学1年生の愛菜ちゃん、学校はどうしてるのか?「実家は兵庫ですが、この春に母親とともに上京し、都内の公立小学校に入学しました。基本的に仕事は夏休みや土日などが中心ですが、忙しいときには週に1回ほど、学校を早退して仕事をしています」 愛菜ちゃんは現在、CM以外ではドラマ「南極大陸」(TBS)の他、トークバラエティー「メレンゲの気持ち」(日本テレビ)にMCとして出演中。天性の愛らしさと、大人顔負けのトークで人気を博している。「家に帰っても台本を読んでセリフを覚えなければならず、睡眠不足なのか、いつも眠そうです。目の下にクマをつくって、現場入りすることもあるのですが、ツラい様子は一切見せず、笑顔をふりまいている」

作家の麻生千晶氏はこういう。「愛菜ちゃんの青白い顔を見るたびに気の毒になる。物心がつく前から芸能界で大人に囲まれて育ち、同級生と当たり前に遊んだり、勉強したりする時間がないのは大問題。まるで角兵衛獅子です。愛菜ちゃんの周囲の大人に腹が立ちます」元天才子役の安達祐実もテレビで「愛菜ちゃんが心配になる」と語ったほど。子供を働かせすぎだ。

確かに、CMで見かける頻度が急に上がった。調べてみると、終わったものも含めると、
大阪ガス「夢の床暖房」(放送年不明)
ダスキン「浄水器」(放送年不明)
イトーヨーカ堂(2010年 - )
ハナマルキ「おかあさんの無添加みそ」(2010年 - )
aiko 『まとめI』『まとめII』(2011年)
アデランス(2011年 - )
カゴメ(2011年)
キヤノン「PIXUS」2011年秋モデル(2011年 - )
神戸屋「もちふわ食パン」(2011年)
三洋ホームズ「ロゴトーク篇」(2011年)
小学館『小学一年生』(2011年)
タカラトミー「ファンタジーリカちゃんシリーズ」(2011年)
日清食品「チキンラーメン」(2011年)
サーモス「シャトルシェフ」(2011年)
ブルボン 「OUR BOURBON編」(2011年11月 -
だそうだ。まだ、1年生。これからが大事な時だけに心配だ。ただ、トークが大人と同じ様に上手く出来るので、子役でつぶれる事はないと思う。しかし、過剰な露出は飽きられやすい危険もはらんでいる。事務所が露出管理をしていけば大丈夫だろう。しんどい時は無理しないで欲しい。

カダフィ政権
リビアで独裁者だったカダフィがなくなった。今年に入って中東諸国が相次いで、民主化に向けて独裁首相が倒されている。今後もまだまだ民主化の動きが活発になるだろう。カダフィも最期は土管に隠れて、降伏し殴られ血だらけな姿が報道され、最後には射殺された。何とも惨めな終わり方だ。

しかし、北朝鮮では、反乱は起こせないのだろうか。絶えず脱国者がいるという事は、かなり国民の不満は溜まっている筈だ。しかし、貧しい国民は反乱を起こせるだけの武器や意識がないのだろう。

いずれ、世界の民主化に取り残されてしまうだろう。自由に行動出来、自由に発言が出来る日本は住みやすいのだろう。ただし、政治の質はよくないのが残念だ。

教師の行く先
静岡県で教師が生徒への強制わいせつ容疑で逮捕されるなど性的な不祥事が止まらず、県教育行政トップの県教育長が「万策尽きた」と発言する事態になっている。県教委は、懲戒免職処分を受けた教職員の氏名公表に加え、研修などの対策を打ってきた。教育現場から教育長に理解を示す声も漏れ、無力感が漂う。生徒から「誰が生徒を守るのか」「先生は何やっているんだ」と厳しい声が噴出している。

県教委は20日、臨時校長会を開催。安倍徹教育長は「私としても万策尽きた」と苦渋の表情で語り、「学校で連帯感を持った人間関係を作ってほしい」と約120人の校長らに訴えた。静岡県内で、校長や教諭がセクハラで懲戒処分されたり、教諭が盗撮やのぞきで逮捕されたりするなど、8月からだけでも5件の性的不祥事が発覚。県教委は、外部講師による研修やセクハラ根絶のためグループ研修を導入してきた。

ところが、研修を受けてていた高校教諭が9月に女性のスカート内を盗撮した容疑で逮捕。生徒への強制わいせつ容疑で捕まった教諭も研修を受けている。安倍教育長は「万策尽きたという言葉は、思わず口に出てしまった」と打ち明ける。不祥事防止を訴える機会が再三あり、「また同じような状況で同じような話をしなければいけないのか」と無力感に襲われたという。

「適切な言葉でなかったと反省している。効果的な対な対策を考えていかなければいけない。具体策の検討を始めている」と話した。県高等学校長協会会長の浅羽浩・県立静岡高校長は「苦しい心境が表れた言葉」と理解を示す一方、「現場は万策尽きていない。即効性がある対策はないかもしれないが、まだ努力することはある」と話す。

一体いつになれば、教師の不祥事がなくなるのだろうか。これでは、生徒も保護者が安心して教師を信頼する事が出来なくなる。

研修は、不祥事を起こす教師には効果がない。もっと、専門医に任せたり、予備軍を見つけ対処した方が良いと思う。

私の推測だが、教師になりたいと言う理由の一つに子供が単に好きなのではなく、性的対象として見ることが出来るという事もあるのではないだろうか。

あと、社会経験がなく真面目な性格の人が教師という狭い世界でしか過ごしていないと言う事も理由の一つとして考えられる。どの都道府県も採用方法に工夫を凝らしているが、社会生活経験をさせる事も必要ではないだろうか。

鬱の初期
鬱は誰にでもかかる「心の風邪」と言われている。几帳面、真面目、責任感が強い、ストレスを発散させる様な趣味を持っていない、100%頑張ってしまう等の人がなりやすいという。鬱の初期症状は人によって違うが、体がだるい、頭痛、腹痛、腰痛、しんどい、夜眠れない、集中力がなくなる、仕事のミスが多くなる等様々な症状が出て来る。だいたい初期の頃は、仕事が忙しかったりする事と重なる事が多いので、「仕事が忙しいから」と思ってしまい鬱に気がつかない事が多い。

本人より、周りが普段と違う状態だと言う事を早く気付いて、病院に連れて行く事が大切だ。しかし、まだまだ鬱に対する偏見があるので、本人はもとより家族もそれを認めず病院に行かせようと思わない事も多い。逆に病院に行って鬱ではないという診断が出るかも知れない。とにかく、病院に早く行く事である。

実際に鬱の診断を受けて、幾つかの薬を処方してもらうが、必ず飲み忘れや飲み過ぎに気をつけることである。飲み忘れがあれば、折角効き始めていた効果もまた元に戻ってしまう。

薬については薬剤師に聞けば教えてもらえる。しかし、もっと詳しく知りたければインターネットで薬の名前を検索するだけでどんな薬かわかる。

ツレがうつになりましての漫画や映画通り、飲み始めてだいたい二週間ぐらいすれば薬が効いてくる。鬱を受け入れていなければ、そこで飲むのを止めてしまう事がある。それは絶対に禁止だ。折角良くなってきたのが無駄になってしまう。最低半年は飲み続けよう。

また、鬱の症状は良くなったり悪くなったりを繰り返しながら快方へと進む。悪くなったとしても悲観することはない。そして、薬の副作用で手の震えや発汗等も人によってばらばらだ。副作用の事も医師に伝えれば、副作用を抑える事が出来る。

大阪都構想
大阪府の橋下徹知事(42)が府議会で「最後の大抵抗」に遭った。大阪市長選(11月13日告示、27日投開票)にくら替え出馬する見込みの橋下氏は21日の府議会の議案採決後、辞職願を提出する予定だったが、自民府議が「辞める人間が重要議案の採決を求めるのは非常識だ」と反発、質問攻撃を仕掛けた。現職知事が大阪市長に転身を図るという前代未聞の展開に大阪府議が大反発した。

橋下知事が大苦戦した。議場ではかつて盟友だった自民党府議から執拗(しつよう)な質問攻めに遭った。橋下氏の辞職願提出に先立つ府議会本会議。「行政の先走りや」「撤回しろ」。議場にはヤジが飛び、橋下氏は防戦一方。うつむき加減の答弁に終始し険しい表情を崩さなかった。

自民党府議団の花谷充愉幹事長が取り上げたのは、朝鮮学校の補助金支給問題。橋下氏率いる「大阪維新の会」が、金正日総書記らの肖像画を教室だけでなく職員室からも撤去することを要求、府も学校側に11月末までに回答するよう伝えていた。花谷幹事長は学校側への追加要件は「不当だ」と追及。「回答があるまでは議会が開けない」と畳み掛けると、橋下氏は「議会の審議に干渉したととられたなら、おわびしないといけない」と謝罪した。

報道陣に囲まれながら無言で議場を出た橋下氏を横目に、ベテラン自民府議は「これまで議会を軽視してきたつけを最後に返してもらった」と話した。さらに「辞める人間が重要議案の採決を求めるのは非常識だ。新聞の朝刊で辞職の記事が大きく扱われれば議会での追及が無駄になる。(辞職の記事は)絶対(朝刊)に入れさせない」と徹底抗戦を宣言した。橋下氏は府議会で議案の採決終了後、21日の夕方にも議長に辞職願を提出する予定だったが、想定外の「抵抗」に予定は大幅にずれ込んだ。

一方で辞職表明後の青写真はある。提唱する「大阪都」構想の実現を目指し、大阪市長選にくら替え出馬、辞職に伴う府知事選との「ダブル選」に持ち込む。現職知事が任期途中で辞職し市長選に立候補する前代未聞の展開となる。橋下知事は自ら率いる「大阪維新の会」の会合で23日にも市長選出馬を正式発表する運び。大阪市長選には再選を目指す平松邦夫市長(62)が立候補を表明済み。府と市のトップ2人による直接対決を軸に、激戦が予想される。 橋下VS平松。「大阪秋の陣」が本格的にスタートを切る。

橋下さん人気で、一気に大阪市知事になり、大阪府知事に「維新の会」の人になり、大阪全体を再構築しようとの考えだ。しかし、気を付けなければならないのが、彼の選挙公約である。私が気になっているのは、教師の首切りである。5段階評価を行い、E評価の人は強制的に教師を辞めさせる事である。誰もいない場合もあるのならいいのだが、必ず数%はE評価が付けられるという。うがった見方をすれば、辞めさせたい教師にE評価を付ける事も可能であり、立派な教師でも、嫌いな教師なら辞めさせる事も可能になる。

彼の公約をもっと確かめる必要がある。単純に考えれば任期途中で辞めること自体無駄な税金を使う事にならないのだろうか。

---しんどい時はしんどいんじゃあー!!無理すんなよなあ---
lll

kkl



スポンサーサイト

Category: 鬱   Tags: ---

本文: 2  Trackback: 0

欝の話5
折角のブログカウンターの調子が悪く正しくカウントされなくなった。残念。

一昨日から、梅雨に入った。元気でも気分が滅入りそうな季節だ。私は、今のところ大丈夫かなと思っている。しかし、昨日は頭痛に悩まされた。頭痛は昔から偏頭痛持ちだったが、欝になってからは頻繁に起こる。良くないと思いながら、薬の用量以上に飲まないと効き目がなくなっている。後、ピリン系の薬しか効かない。医者にも相談するが、なかなか良い薬がない。どなたか市販薬でお薦めがあればお聞きしたい。

さて、三件目の病院だが、二件目の医師から紹介された。何故変わったかというと、現在の私はなかなか働くことが難しくなり、障害年金の申請が出来ると言うことと自宅から近いということで変わった。

薬の量は、十数錠処方されている。医師ももうこれ以上は増やせないらしい。半年程飲み続ければ効果が出てくるという。今は、割合落ち着いて来ている感じがする。ただ、今回の大震災、親戚の死が立て続けにあった為、父の死の時とオーバーラップし、かなり落ち込んでしまった。自分では良くなったと思っていたが、まだまだ時間がかかりそうだ。

しかし、何もしない訳にはいかないので、パソコンで小銭を稼いでいる。微々たるものだが。^^;
これから、私はどこへ向かうのだろう。。。。今日は、やっぱり調子悪いかな。。。。

ーーーしんどい時はしんどいんじゃーー!!無理すんなよなーーーー

癒しの長崎ねこ
ねこ2

Category: 鬱   Tags: ---

本文: 0  Trackback: 0

鬱の話4真面目に。
生きるとは何か?私もそうだが(そうだったが)「生」への疑問を鬱の人は一度は考えるだろう。

人はなぜ生きるのか?
生きていく意味は何なのか?
自分は社会に役にたっていないのではないか?
生きて何になるのか?
苦しい事の方が多いのに生きるのか?

だいたいこれくらいは、思った事はあるだろう。

私も最悪の時は、これらの事が頭をぐるぐるまわっていた。これらの答えは人によって違うだろうし、鬱が辛くて「死にたい」と思うだろう。

まず、このブログを見て、「死にたい」と思ってた人が一人でも減ると私自身とても嬉しいし助かる。あなただけが苦しんでいるのではない。私を含め全国、全世界で同じ悩みで苦しんでいる人がいる。「自分だけ何でくるしいの」とは思わないで欲しい。

こうしたブログでお互い理解し、励まし合って治していけばいいのだ。

幸いにも、私は主治医と友人、家族に恵まれており、相談できる人が沢山いる。鬱をはっきりわからない友人もいるが、それでもまず話を聞いてもらえるだけで、かなり気持ちが楽になる。そんな人があなたの周りにいないか考えてみて欲しい。

勿論、私もあなたの味方であり、鬱を患っているからこそ理解できる部分もある。私を相談できる仲間に入れてくれると嬉しい。

鬱歴は5年にもなる。しかし、最近やっと良くなってきた感じがする。だから、5月からこのブログを立ち上げたのも良くなってきている証だと思っている。今までは、何をするのも億劫でしんどかった。周りからみれば、なまけていると思われても仕方がないと思う。普通の人と同じことが出来ないからだ。また、出来ない自分に歯がゆくなる。昔の私はこんなんじゃなかったのにと。

今は、自分の為だけに生きて欲しいと思う。そこからがスタートだと思う。

癒しのYOUTUBE
癒しの言葉2 天使のメッセージ 落ち込んでいる人にかける言葉:岡田和樹

http://www.youtube.com/watch?v=EHbVg6AZWg0&feature=related
---しんどい時はしんどいんじゃーー!!無理すんなよな----

Category: 鬱   Tags: ---

本文: 0  Trackback: 0

欝の話3
2回目の先生との付き合いが一番長かった。

調子は日によって上下があった。勤務しながらの通院だった。特に朝がしんどい。起きるのが辛い。午前中はスイッチがは入らない。途中で頓服みたいな感じで飲める薬を貰っていたので、何回か飲みながら体を騙し騙し過ごしていたように思う。今から3年ぐらい前の話だ。

その頃には、薬の副作用で、とにかく食欲がわいてたまらなかった。特に今でも後悔しているのが、毎朝通勤途中にあるパン屋の誘惑だ。とにかく、そこのクリームコロネがたまらなく旨い。朝からそのクリームコロネを2から3個平らげていたと思う。それぐらいお腹がすくのだ。昼は昼でご飯を大盛りで食べていた。

当然のことながら、体重は目にみえて太っていく。医者にも欝の薬の副作用だから、今まで以上に食事制限をするようにと言われていたのだが、自分自身ではどうしようもなかった。現在も体重は余り減っていない。MAXは、欝になる前と比べると15kg太ってしまった。

結局、副作用が強く出てしまい、欝はあまりかわりがなかった。職場の環境も欝がよくならない環境であったとも言える。欝の経験者であれば、誰もが味わっているだろうが、とにかく、記憶力と思考力の低下が著しい。自分でも情けなくなる程酷かった。忘れまいとして、メモを取るのだが、そのメモを見るのを忘れてしまう。それで迷惑をかけてしまい、自分を責め、落ち込み、の繰り返しだった。

こうなると、もう働くことがかなり厳しい。毎朝の通勤から辛くなる。足が重い。でも、行かなければならない。兎に角、葛藤の毎日だった。

で、結局しばらくは勤めていたが、やはり続けていくことが出来ず、辞めることとなった。

2回目の先生から、しばらく休息をとりなさいと言われた。しかし、給料がなくなればたちまち生活に困るだろう。その事を相談すると、私も初めて知ったのだが、鬱病で障害年金が貰えるらしい。しかし、今の先生の所に通院していても、障害認定が降りないらしい。そこで、先生から、障害認定してもらえる病院へ転院したのだった。当然、その先生の知り合いで紹介状を貰って転院した。幸い、自宅から近くだっだので通院は苦痛ではなかった。

とりあえず、今回はここまで。次は、転院後の話をしたいと思う。因みに現在でもまだ、完全に欝は治っていない。とにかく欝との長い付き合いになるんだろうな。

---しんどい時はしんどいんじゃーー!!無理すんなよな----

Category: 鬱   Tags: ---

本文: 0  Trackback: 0

欝の話2
今日は、二週間に一度の心療内科の診察の日だった。あいにくの大雨でびしょびしょになりながら行った。

だいたいどこもそうでいるが、事前に予約制なので、決まった時間に行けばその時間に診察してもらえる。

前の病院だと、予約はするのでが、待ち時間が結構ある。患者とじっくり話をするタイプの先生だった。
二回目の先生とは、その先生だった。知り合ったきっかけは、前の先生の処方に疑問を感じ、セカンドオピニオン探しと言う感じで探した。友人の知っている病院の先生に診てもらった。

丁度、その先生は、勤務医かに独立して始めるらしく、私には関係なかったことであるが、まあ、その先生のところに行こうと思った。

前の先生とは違い、15分程度はなしを聞いてくれる。ありがたいことだ。先生も親身になって聞いてくださっている。当然時間が長くなり、予定の時間より、長くなる。でも、しかたないことだ。みんな文句も言わず順番を待っている。

患者さんもいろいろな状況で来ている。老若男女親子連れ、夫婦つれ等、今にも倒れるんじゃないかと思うほどの症状かきつい方もいて、驚いてしまう。その人に比べるとまだ僕の方が軽いようだ。

薬であるが、私自身あまり薬が効かない体質かも知れない。かなり長い期間飲んでいるがなかなか効かない。医師と相談しているのだが、しばらくこれで様子をみようと話をしている。

----しんどい時はしんどいんじゃーー!!無理すんなよな---

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。